復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

復縁したくて病んでるおばさんは、見苦しい?

メインブログが「アラフォー バブル 婚活ブログ」で検索されていました。

ん?うち、そんなブログじゃないけど、何位くらいに表示されてるんだろ?と思ったら、3ページ目くらいにこの記事が出てました。

 「アラフォー」と「バブル世代」の違いは、学生時代ブルマを履いていたかどうか、だ

 

で、このキーワードだと1ページ目のほとんどを、あるブログが埋めていました。

そのブログ、以前ちらっと読んだことがありました。

改めて見てみると、ワードプレス使ってるし、広告がたくさん貼ってあるし、

ホントにアラフォー女性が書いてるのかな?

そもそも今のアラフォーはバブル味わってないしな?

架空OL日記みたいに、ネタなのかな?

と勘繰ってしまうのですが、ていうか真実なら、ちょっと心配なブログなのです。

 

ブログ主さんは自称、バブル期に遊びまくってモテていた女性。

その方がブログ開始時にお金持ちの長年の男友達と遊ぶ内に

「不細工だけど付き合おうかな?」

と思うようになり、告白したらはぐらかされ、そうこうする内に本気で好きになってしまい、いざ付き合いだしたら、相手は既婚者と発覚。

 

その後付き合う、別れる、を繰り返し、相手の奥さんと話したり、他の愛人が出てきたり…で、不倫しながら大揉めしているのが会社内で噂になって、イジメを受けるようになり、最近は自殺未遂っぽいことも書かれているのです…

それ以降も「消えたい」とかたくさん書かれていて、ホントなら心配…

 

架空ブログなら良いけど、文章が短いのがリアルにも見える。

でも広告量の多さが、架空に見えなくもない。

「もうすぐアラフィフ」

って書かれてましたが、44歳くらいだとしても、地方出身なら上京してすぐにバブル崩壊してないかな?

 

さて、もし本当のリアルブログだったとして。

「復縁したい」

と何度も書かれてましたが、ブログの内容だけでは、本当にその男性を好きだとは思えませんでした。

私も散々言われた

「それは愛じゃなくて執着だよ」

という言葉が浮かんでしまいます。

そして、執着は心を病むくらい辛い、自分を傷付けるモノだな、と思いました。

 

「この私があんな男を好きになってしまった。

でももう今更1人にはなりたくないから、彼には奥さんと別れて私と一緒になって欲しい」

 

似たようなことを思ってしまう女性は、実際にはたくさんいるだろうと思います。

でも、そんな廃品回収みたいな気持ちで彼に縋り付いて、それを受け容れられなくて傷付くなんて、自分で自分を追い詰めてしまっているように、外野からは見えてしまいます。

「見苦しい」とまでは言いたくないし、「もっと良い男がいるよ」なんて言えません。

良い男はたくさんいるだろうけど、彼女が好きなのは、その不倫男なんだろうし。

 

でも、その不倫男が彼女を大切にしていないのなら、やはりしがみ付いても、幸せに向かっているようには見えません。

優しくし合うのが目的なはずなのに、どんどん破壊行動をしてしまう気持ち、分かりますけど…。

 

もし身近にそんな状況になってる人がいたら、どうしたら良いかな?と考えました。

多分正論を言っても、追い詰めてしまうだけです。

だけど、もう心も体も不健康になっているなら、やはりそれを癒すのは「太陽」なんじゃないかな?

日焼けなんて気にしないで、大自然の中で太陽の光を浴びて、リフレッシュ出来ないかしら?

 

実際には、海や太陽だけでは、孤独感は消えません。

でも、朝起きて、日の光を浴びて、ご飯を食べて、眠る。

そして物理的に、距離的に彼と離れてみる。

「元気になっても、彼が側にいないと意味がない」

と思ってしまっている時点で、心が病んでる証拠。

だってその彼が側にいて優しくしてくれなきゃ、望んでる幸せは手に入らないと思うけど…

その不倫男がその幸福をくれる慈善事業者には思えないのです。

過去にどんなに優しくしてくれたり、楽しい時間を過ごしていても。

 

今、自分は元気だと思えなきゃ、そりゃ消えたくもなります。

でも、元気じゃないから何とかしなきゃって彼に思ってもらうより、自分で立て直した方が早くて確実に思えるのです。

何だか、復縁したくて心を病んで、会社でも辛いと思うアラフォー女性が本当にいたら、悲しいなと思いました。

きっと、彼女がしがみついてるのは、リアルな男性ではなくて、妄想の中の男性なんだろうなぁ。

たった1人の男性の存在の為に心を病んでいるとしても、そうやって女性を追い詰めているのは、男性ではなく自分自身なんだろうと思います。

それに気付いたら何かが変わるか?は分かりません。

でも、自分で自分を追い詰めるのを止められたら良いのにな、と思いました。

PR