復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

42歳で結婚した理由は「それまで夫と出会っていなったから」

タイトルは今ネットニュースで見た、キャメロン・ディアスの言葉です。

かっこいい!

キャメロン・ディアス、ハリウッドの表舞台から消えた理由 - シネマトゥデイ

 

メリーに首ったけ (字幕版)

メリーに首ったけ (字幕版)

 

 キャメロンの旦那様は、彼女を物として見ず、同等に接してくれるそうです。

まぁ男女平等には私はそこまで重視していませんが、それでもそう夫を褒められるのは素敵ですね。

 

そう、私は男女平等を「好きな男」には求めません。

でもそれ以外の人には、当然求めています。

だって男女平等な仕事に就いてますし。

学歴も収入も、別にすごく良くは無いですが、「女だから」と馬鹿にされる筋合いはありません。

それが、好きな男の前では邪魔になることもあるんですけどね…。

好きな男にアレコレ言われたら辛いけど、それ以外の人だったら喧嘩は買いますよ。

 

でも、自分が今どんなタイプだとしても、それまでの恋愛がうまくいかなかったとしても、キャメロンのように

「この人と出会えた」

って思える人と結婚出来たらいいな〜。

 

最近ぼんやりと「ご縁」について書けないかな?と考えていました。

恋愛以外では、「今、ご縁来てるわ!」と思うことはたまにあるのですが、恋愛だとたまにしか感じません。

最近は「もう、ご縁に関しては神様に任せよう〜」って気楽にいける人になれないかな?と思ってるのですが、でもやはり「ご縁」にしがみつきたくなることもあります。

 

理想的なのは、やはり

「今までのことは、この人に出会うまでの試練だったんだ!」

と思える未来が訪れることで、それは別に白馬に乗った王子様ってことでは無くて、

「やっとお互いに大事にし合える人に出会えた!」

って思えることかな、と思います。

 

既婚者の中には

「そんな夢見てないで〜」

とか言いたくなる人もいるかもしれませんが、たまに身近に旦那様をすごく褒める人がいて、そういう人って独身をディスらずに

「私は良い人と出会えて良かった。

運を全部この人との結婚に使ったんじゃないか?っていうくらい、旦那といると楽だし落ち着くんだ」

と言うのを聞くと

「こんな風に言える人になりたいな」

と心から思えます。

 

そう言える既婚者の人たちは、旦那様とは職場や友達の紹介や、たまたま出掛けた先で出会っていて、そして出会ってすぐに付き合った人もいれば、何年も友達付き合いした後に付き合いだした人もいます。

 

あえて共通点を挙げるなら、女性たちは人当たりが良くて、誰とでもうまくやれるタイプな気がします。

 

もちろんキャメロン・ディアスが自立した素敵な女性だからこそ、素敵な旦那様と巡り会えたのだと思いますが、でも私は私なりに、素敵だなと思える人と、今からでも出会えるかも?と、前向きになれるニュースでした!

PR