復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

あなたは恋愛に向いている性格か、診断テストをしてみませんか?

メインブログの方で、とても人気のコンテンツがあります。

それは、たまたま見つけた結婚相談所がやっている診断テストです。

 ↓

恋愛・結婚体質を磨くなら、アイピック性格分析!

 

私も一度、普段使っていないアドレスを登録してやってみて、結果をこちらの記事に書いています。

urarara0724.jp

その後続々とこの診断を受ける方がいて、毎月10人以上の方がメインブログを見た後にこの診断テストを受けています。

 

このテストを受けたからといって、強制的にネットのお見合い登録をさせられるわけではないし、普段使ってないメールアドレスでやれば、ウザい勧誘メールが届くこともありません。

無料なのに結構細かく分析してくれるので、星占いより当たってて面白いですよ。

 

恋愛をしたい時は、自己分析って大事ですよね。

でも本当に他人とコミュニケーション取る上で大きな問題になりやすいのは、無意識な時とか、感情的になっている時なので、自分が認識してる自分じゃなくなってたりするのですが…

 

例えば、私は浮気をしない男性が好きですが、彼女持ちの男性にアプローチしたりしてしまいます。

既婚者は好きになったことないけど、彼女がいるくらいなら、それはもう取った取られたとかより、タイミングの問題とか色々あるのかなぁ、と思います。

でもやっぱり、自分が選ばれないと嫌だし、彼女が知人だったら諦めますが。

 

今日、新人さんと鈴木さんの話をしていたら、上司の男性がそこに加わりました。

多分この上司は、私が鈴木さんを好きだったことを気付いています。

新人さんはもちろん知らないので

「鈴木さんの彼女は◯に住んでるんですよね」

と笑顔で話していました。

上司は、あれ?という顔で

「まだ続いてるの?」

と私に聞いてきたので

「知らないけど、そうじゃないですか?」

と言いながら、内心ヤベーと思ってました。

 

というのも、私は鈴木さんに振られる直前に、この上司ともう1人と一緒に飲み、その帰りに2人で消えたのです。(結局、何も無かったのですが)

この上司には消えるところは見られていないのですが、もう1人にはバッチリ見られています。

ので、もしかしたらこの上司も知ってるかもな?と薄々思ってはいたのですが、でももう1人から何も聞いてないかもしれないので、私からは何も言ってません。

見られた人にもフォローを入れなきゃと思っていたのですが、

「ま、大人なんだし、ワザワザ何も無かったなんて言わなくてもいいかなぁ」

と放置してました。振られたショックでしばらくその時のことは思い出したくなかったし、いざ時間が経ったら、今更かなぁと思ったのです。

 

別に、彼女持ちの年下に手を出そうとした、と思われても、それは真実だから別にいいし、鈴木さんがフラッとしかけたのも真実だし、今はもうただの同僚なんだから、いいやー。

と、今は思っているのですが、まぁ一般的に見たら、私はクズですね。

でも、そんな自分を認識出来ていても、それで開き直るワケではないけど、

「仕方ないじゃん」

と思っています。だって彼女と付き合う前、元カノと付き合ってる時から好きだったんですもん。

 

だから私は、「浮気をしない男性がいい」とは思うけど、「奪えるなら奪いたい」とも思っていて、そこはどう分析しても意味が無いです。

大事なのは、浮気をする人かどうかじゃなく、「私が好きな人が、私のことを好きかどうか」なので。

って言っても、奪った人を奪われるって経験してる友達たちは見てきていますし、そりゃフリーの男性を好きになりたいです。

 

鈴木さんは元々、好かれたら彼女がいてもフラッとしてしまう人だというのは知っていました。

そうやって乗り換えた過去のある人だそうで。

そして、私からのアプローチも、結局ふんわり躱しながらも、つい飲みの流れで2人で消えようとしちゃったりするのです。

詳細は書けないし、私もあの時鈴木さんが何を考えていたのかは聞けていないので分かりませんが。

 

鈴木さんのことをクズだなぁとも思うけど、だからこそそのフワッとした対応を好きになっちゃってたから、私は恋愛に向いていない恋愛体質だと思います。

だからって、フワッとしていない男性を好きにならなかったから、仕方ない。

 

今、鈴木さんを好きじゃなくなって、すごーく楽になって、しまい込もうとしていた本心がダダ漏れになるようになりました。

悪態もいっぱいつくし、性格の悪さ全開です。

鈴木さんを好きな時は、そういう自分は悪いモノだから、ダメな自分が顔を出すたびに落ち込んでいました。

猫を被って蓋をしようとしていたのが、私のストレスにもなってたわぁ。

ま、もうちょっとちゃんと、誰の前でも猫を被って生きないといけないと思いますが。

 

分かっているけど、出来ることと、出来ないことがある。

でも分かっているつもりでも、実際には分かっていない部分もある。

そういう自分を見つめて見るために、冒頭の性格診断はオススメです。

もしかしたら、知らなかった自分を認識できるかもしれませんよ?

PR