復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

細菌性の夏風邪をひいて、卑屈になった私

「本当に心配なんて、してないくせに」

体調を気遣うことを言ってくれた鈴木さんに、そんなことを言ってしまいました。

本当の本当は、同僚としてそれなりに気遣ってくれてるつもりなのは分かってるのに、なんでそんなこと言ってしまうの、自分…

 

朝出社したら、鈴木さんは出先に直行とボードに書かれていて

「私、昨日午前中しか出社しないから、その時にデータを送るって話してたんだけど、『メールで送られるならそれで大丈夫』って思って、自分がいないこと教えてくれなかったんだな」

と思った私は、ちょっとションボリしてました。

 

11時頃鈴木さんから電話がかかってきて

「もうすぐ戻ります!急ぎますね!」

と言われて、

「あれ?会って話す気だった?

にしても、私も事前に予定を聞いていないと、他の引き継ぎ業務もあるんだけど…」

と思い、またモヤモヤモヤ。

 

会って話すのか、メールを送るだけなのかで、準備も違うし、こちらの予定の組み方も変わってくるんだけどなぁ。

朝から、今日中にやらなきゃいけない最低限の仕事をこなして、残りは他の人に引き継げるよう準備して、準備できたらその人に説明して、

ってのを一応何案件分かやっていたので、

「じゃあ30分後に!」

って急に言われても、脳内の予定が狂っちゃうんだけどなぁ。

そんなことを思いながら、慌てて鈴木さんの分も準備して、打ち合わせしている時に、ついポロポロと卑屈な気持ちを口に出してしまいました。

 

私なら、朝自分が不在なら、それが分かった段階でメールしておくし、相手の体調次第で引き継ぎは口頭かメールでするか、口頭なら何時頃になるか、先に確認しておいて、相手が準備する時間を計算出来るようにするのにな。

それが「思い遣り」なんじゃないかな。

(さすがにコレは鈴木さんには言ってません)

 

いかにも女っぽい気遣いの求め方だと、書いていて自分でも思います。

ただ、自分は体調不良の人には事前に状況を伝えておいてもらって最悪のケースを想定しておきたいので、私が体調を崩した時には即上司や同僚にメールをし、その後の予定を擦り合わせることにしています。

「やっぱり無理でしたー」

なんてことが無いように、でもお互い必要以上に焦って無理をしないように協力し合うのが社会人、と思います。

 

もちろん、体調を崩した自分が1番悪いし、皆さんに迷惑をかけているのも分かってるのですけど、どうしても独り身は卑屈になってしまいます…

鈴木さんとしては、先に電話をくれただけでも、気遣ってくれてたんだな、と今書きながら思いました。

 

「今すぐ話せますか?」

と言うのではなく、30分前に電話をすることは、確かに鈴木さんにしては頑張って気遣ってくれてたんだろうなぁ。

私はその2時間前なり前日の内に状況を話しておいて欲しかったって先に思ってしまってたから、そこに感謝の言葉を言えなかったんだ…

 

ちなみに女心としては、不調の時には

「無理せず帰りなよ」

と言う言葉と共に、栄養ドリンクとか差し入れてもらえると嬉しいです。

普段チョコラBB派の私は、今回はチョコラBBハイパーとユンケルをコンビニで買って飲んでます。

エーザイ チョコラBB ハイパー 50ml×10本 (ボール) [指定医薬部外品]
 

 

urarara0724.jp

鈴木さんとの打ち合わせが終わって、他の人と引き継ぎの話をしていたとき、私がヨロッと立ってる横を通り過ぎた鈴木さんが、苦笑した感じで笑う声が聞こえました。

前に私が二日酔いとかでヨロッとしてる時も、そんな感じで遠くからため息のように笑う声が聞こえてたなぁ。

 

「大丈夫?」と聞かれても

「大丈夫」と返すか、何とか引き継ぎ内容を説明する程度のことしか、同僚とは出来ません。女性や既婚男性は体調不良の人へのアドバイスに長けていますが、若い人は男女共にまだ体調を崩す経験も少なく、アドバイスもフォローもしようがないものですね。

 

「熱が下がっても、体調はすぐに戻らないんですね」

と新人の女の子に言われて、そっかー若い時ってそんなだったなーと思い出しました。

風邪なんて寝てれば1日で治ると思ってたので、友達が風邪ひいても

「アルコール消毒しよーよ」

と言って飲んで、悪化させたりしてたな、学生時代…。

 

今は友人たちは、風邪が治っても1週間は安静にしてます。

熱が下がっても体力が戻らないし、咳や鼻水が出ている段階で無茶をしたらぶり返すから。

 

私に風邪をくれた友人は先々週に風邪気味と言っていて、もう治ったかと思って先週飲みに誘ったら、その数日前に38℃出してたと言ってました。

「もう鼻水出るだけだから大丈夫」

と言ってましたが、うん、私が大丈夫じゃなかったよ。

 

友人の風邪も細菌性だったのか、私がもらった風邪にさらに細菌をくっつけてしまったのかは微妙なラインです。

ウィルスと違って細菌性は人にうつらないことが多いとネットには書かれていますが、全てがうつらないワケではないようですし。

 

今日は午後休を取って一眠りし、夕方以降も熱が上がらないので、抗生物質が効いているようです。

ただ、以前も同じように抗生物質の点滴をした後に熱が下がってたけど、数日後にまた悪化して高熱を出してしまっていたので、まだ油断は出来ません。

 

肺炎等の風邪以上の症状の特徴として「倦怠感」があるようですが、確かに連休中から倦怠感がすごかったです。

ただ生理による貧血もあり、風邪のせいか分からないまま病院に行くのを1日遅らせてしまったので、こういう時女は不便だなぁと思いました。

 

微熱の時は透明〜白だった痰が、また黄色くなってきました。
中には死滅した細菌と白血球が詰まっているようです。
卑屈な私も、一緒に体外に出て行ってくれると良いのですが。

PR