復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

甘えているのか、ナメているのか?

最近鈴木さんに不満をメールしたら、無視されました。

でも、用があって話しかけると、愛想良く笑顔で応えてくれます。

私はそういう表面的な態度って、大嫌いな人にしか出来ないのですが、相手がどう思うかなんて考えずにサラッとそういうことが出来る人もいるんでしょうか?

嫌いな人以外とはちゃんと話し合いたい派の私には、心情を想像し辛いのですが。

 

ま、無視が失礼だと思っても、相手は給料の範囲内の態度は取るだろうって思ってるのかな。

と、自分への鈴木さんへの態度にモヤモヤしていたら、他部署の年上同僚男性 金子さんが

「鈴木くんに、今イラっとしてる」

と言い始めました。

 

金子さんは視野が狭くて要領が悪く、でも真面目なので、ちょっと最近精神的に病みかけながらも、日々残業しています。

金子さんのチームの人は

「あいつは俺が30分で終わる仕事に2時間かけて、残業ばかりしている」

と呆れかえっているのは、金子さんには内緒です。

 

金子さんは鈴木さんに優しく、お兄さんのように接しています。

そんな金子さんに、鈴木さんは連日終業時間間際に、仕事の依頼を爆弾のように投げつけていたそうです。

そのこと自体にも金子さんはイラっとしていたそうですが、昨日は

「お願いごとがあります」

と一筆添えた書類を送りつけてきていたそうです。

 

しかし、今朝になっても、その「お願いごと」が何なのか、鈴木さんは金子さんに声をかけることもなく、バタバタと別の仕事をして、外出してしまいました。

「お願いごとがあるって言うから、こっちは声をかけられるのを待ってるのに、何も言ってこないんだよね」

と愚痴る金子さんを見て、思わず笑って

「良かったー!私だけが鈴木さんに酷い態度を取られてるワケじゃないんですね」

と言ってしまいました。

 

「鈴木さんの態度って、甘えてるっていうか、ナメてんのかな?って思いますよねー」

と言うと、さすがの金子さんも頷いていました。

どんなにフォローをしたところで、鈴木さんには口先だけ謝るだけ。

悪意は無いのかもしれませんが、フォローした方は利用されたかのような気持ちになってしまいます。

 

一応、鈴木さんに「金子さんが怒ってたよ」とメールしたら、

「ありがとうございます!連絡します!」とすぐに返信がありました。

その後ちょっと考えて、私の不満メールには返信が無いままだったこともあり

「あんまり甘えてると、人はナメられてんのかな?って思うよ。私みたいに。」

と送ったら、また返信はありませんでした。

鋼の心臓持ってんな!お前!

まぁ社交辞令を返したらそれはそれでまた怒りを買うので、もう何て返したらいいのか分からないのかもしれませんが…

 

多分鈴木さんは、「甘えてしまって申し訳ない」とは本当に思っているけれど、それを「お詫び」という態度や行動で示す、ということを知らないのだろうと推察します。

そういう時に、ちょっとお菓子を渡しながら謝るとか、すれ違う時に声をかけるとか、相手が喜びそうな話題を振るとか、そういうちょっと媚びるような態度を取ることで、関係が円滑になることは、あります。

 

でも鈴木さんは「次からは気をつけよう」と心の中で思いながら、でも次もまた同じことを繰り返す、という感じになっていて、相手から見たら

「反省しているのかどうか分からない」

となっているのだと思います。

他人から良くしてもらえたら嬉しいけど、それに同じことをして返す、という考えが無い。

 

女性でもたまに「何で同僚は、彼氏みたいに何でも私を優先して考えてくれないの?」という態度を取る人がいますが、鈴木さんもそんな感じなのかなぁ。

そして、自分がもし同じ目に遭った時には、アッサリと相手を見限るのかもしれません。

 

まぁこれはあくまでも私の想像なので、真意は分かりません。聞いても教えてくれないだろうし。

とりあえず、金子さんがこれ以上ストレスを溜めたら怖いので、鈴木さんは金子さんをナメてギリギリの依頼ばかりするのを止めてくれたら良いのですが。

どーせ、後回し後回しして時間が無くなってから金子さんに依頼してるんだろうし。

より怒る人の案件から手を付けて、優しくしてくれる人のことは後回しにしてるんだと思います。

 

金子さん、ちょっと、電車に飛び込んだりしないか心配なんですよね…

「家族の為って思えば頑張れるんじゃないですか?」ってこの間言ってみたら

「…それにも限界があるんですよね…」

と俯きながら言ってたので、ちょっと怖い…

PR