復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

失恋して暇なら、ボランティアに参加をした方がいい?

今日は、会社からの指示というか

「興味があれば行ってきて」

というお言葉で、某ボランティア活動のオリエンテーションに行ってきました。

以前説明会があり、それは半強制だったので行ったのですが

「皆さん、ボランティアに興味ありますよね」

という話し方だったので

「…いや、私、ボランティアなら何でも興味があってやりたいワケじゃないわ」

と思い、活動参加を悩んでいました。

 

このボランティア活動は、普段の仕事で得た知識や経験や能力を活かしてボランティアをしよう、というものです。

そういうシステムはとても良いと思います。

しかし、この活動では「どのボランティアに参加するか?」を自分では選べず、事務局がその人の経験を元にチーム編成をして課題を与えられることになっていました。

 

興味がないボランティア内容だとキツイし、どうしよう…でも何か良い出会いがあるかもしれないし…でもでも、休日にボランティア活動なんてするの面倒くさい…

 

会社からは「行きたくなかったら、行かなくていいよ」と言われても、参加を勧めた人の気持ちを考えたら、ここで行かなくてもホントに良いのか分からない…

行かないと悪い気もするし、興味が無いのに参加するのも悪い気がする。

興味があるフリも出来ないし、どうしたもんかなぁと思いながらも、チキンなので参加登録してしまいました。

 

すぐにチーム編成され、課題の連絡が来ました。

求められているのはPowerPointを使ったツール作成でしたが、私はPowerPointが使えません。

ので、事務局には「私では出来ない内容なので、チーム編成を変えた方が良いのでは」と返信したのですが、それでも他のメンバーがPowerPointを使えるので、と言われたので、オリエンテーションに行きました。

 

急遽、開始時間に予定が入ってしまったのと、グズグズしていたこともあり、最後の30分だけ参加し、自己紹介と課題内容をザックリ伺いました。

メンバーも私がボランティアに全然興味がなく、半強制的に来させられていることを聞き、戸惑っている感じでした。

が、その場で同意書のサインを求められ、参加することになってしまいました。

もし同意書サインが後日だったら御断りしたかもしれませんが

「じゃ、同意書にサインして渡して下さい」

と面と向かって言われて断れるほど、私は心が強くありませんでした…

「断るのかと思いました」

とメンバーに笑いながら言われましたが、断れる空気じゃなかったから…

 

こういう時、私はワガママで自分勝手なくせに、我慢しないと悪者と思われてしまうのが怖くて、嫌々流されてしまう悪いところがあると実感します。

結果、嫌々参加されるメンバーも不愉快になると思うのですが、そこで演技することも出来ません。

 

他のメンバーは1人欠席でしたが、あとは行政の仕事をしていたり、超有名企業にお勤めのママさんだったり、超有名ビル内にオフィスがある会社で役職に就いている方でした。

名刺を頂いたけど、私はお渡ししませんでした。

この先キチンと一緒に活動出来る自信が無いのに、会社の名刺を渡すのが躊躇われたのです。

 

世の中には、一流企業に勤め、主婦とママをやりながら、休日にはボランティア活動される方がいるんですね。

行政の仕事をしていて、更に休日もボランティア活動をしていたり、まだ若いのに役職付きでオシャレな男性も参加をするとか、すごいなぁ。

益々、自分がダメな人間に思えました。

 

ちなみに、今回のボランティア活動内容は、全く興味が無いワケではないけど、すごく興味があるワケでもありません。

そもそも祖父母を早くに亡くし、親の手術立会いも面倒がる私には、遠い話には感じる内容でした。

 

「困っている人を助けたいと思う人は優しい」

「無関心な人は冷たい」

この二択しかない、と感じました。

善人になりますか?悪人になりますか?と問われ、悪人になることを選べる程私はタフではないけど、善人になりたいとも思えません。

 

ボランティアと言えば、以前友人が鬱で傷病手当をもらいながら一年近くブラブラしていた時

「地元のボランティアにでも参加したら?」

と言ったことがあります。

家に閉じこもって暗くなっているなら、ボランティア活動で良いことしてると実感出来た方が、精神的に良い気がしました。

結局友人はボランティアはしませんでしたが、私の中には

「ボランティアは余裕がある人が、承認欲求を満たせる手段なのでは?」

という価値観があるかもしれません、

 

私が今回抵抗感を感じているのは

「善人になることを強要されている」

という気持ちがあるから、な気がします。

確かに、私には足りない部分があるから、こういう活動に参加して気付けるものがあるかもしれないとは思うのですが、やっぱり身近な人を助けるのと、見ず知らずの人を助けるのでは違うもの。

 

事務局の人たちの話し方、進め方、次々とくる他のボランティア活動の告知メールにも、追い立てられているものを感じ、そう思う自分に苛立ちも感じます。

でも、もし今私が失恋したてで、休日を持て余していたら、こういうボランティア活動に参加するのは良いかもなぁと思います。

 

好きな人から求められない寂しい時間を埋める為に、誰かの為に活動する。

それはマイナスを埋めることだろうと思うのです。

宗教やマルチに手を出すよりは、ずっと良いですよね。

自分のことしか考えないより、誰かの為にカラダを動かす方がいいはず。

 

なのに、やっぱり私の中には、

「誰か、じゃなく、あの人と自分の為に動きたいし、それ以外に興味は無い」 

という気持ちがあります。

好きな人の為に動くのは自分の為になるけど、ボランティア活動が自分の為になると思えないのかなぁ。

「ボランティア活動する自分が好き」

って思えたり

「誰かが笑顔になってくれたら嬉しい」

と思えたら良いのかしら。

 

ちょっとまだ、私の中では答えが出ていません。

ただ、失恋したてで、寂しくて暇なら、ボランティア活動するのは悪いことでは無いんじゃないかな?とは思いました。

出会いにもなるかもしれませんし。

ただ、休日にボランティアする異性に興味があるか?という価値観もありますけど…

 

「自分のことしか考えない」というのは悪いことだというイメージもあるけど、無関心でいる自由もあると思うし。

なんとなく、この気持ちや恋愛や仕事や戦争に対して感じることに似ている気もします。

さて…私のボランティア活動は、参加するにしても来月で終わることではあるので、どうなるとやら…

PR