復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

娘にも自分と同じ辛い目に遭って欲しい母フネ〜サザエさん妄想

女性は共感を求める性質があるからか、

「娘や友達にも、自分と同じ辛い目に遭って欲しい」

と望む人がいると言います。

旦那や子供の世話に疲れた主婦が、独身の友達に

「早く結婚しなよー、で、この地獄を味わって欲しい」と言ってみたり。

ちなみにこれ、実際に言われました。

「出産の痛みを味わって欲しい!」

とも言われましたねー。共感して欲しいのは、痛みだけなの⁉︎

「自分だけが不幸」って思いたくないから、周囲を引きずり込もうとするタイプの女性は、確かにいます。

ということで、本日はフネをテーマに妄想しました。

 

 

サザエさんとマスオさんの間に違和感を感じたフネは、マスオさんの浮気に勘付きました。

 「娘を苦しめるなんて、許せない」という気持ちと

「私も、お父さんの浮気が分かった時は辛かった。

サザエも同じ目に遭ったってことは、私だけがあんな惨めな思いをするような女ってわけじゃないんだ」

とホッとするような気持ちがありました。

 

あの頃は、自分は夫に浮気されるような、ダメな女なんだろうか?と本気で悩んだ。

大卒出の女ということで、それなりに自分に自信を持っていたのに、夫が浮気相手にしたのはケバい水商売の女だった。

「良妻賢母であれ」と、頑張って家事育児してきたのが、女として何の評価もされていなかったのかと思うと、絶望的な気持ちになった。

 

サザエも今は辛いだろうけど、私が乗り越えられたんだから、きっと大丈夫だろう。

男の人ってのは、浮気しても妻に戻るものなんだから。

私とお父さんも、元に戻るまでは大変だったけど、カツオが産まれた途端に変わった。

やっぱり結婚してから長い間、長男を産んでいないことに引け目があったけど、お父さんも長男誕生に大喜びで、すぐにワカメも産まれた。

サザエはもうタラちゃんって長男を産んでるんだから、大丈夫。

 

もし、友達の娘が同じ目に遭っていたら

「今時、嫌なら無理しなくて良いのよ。

離婚したって、まだ若いから大丈夫!」

って励ますくせに、自分の娘には我慢させようとしている。

どうして、他人には思わない、縛りつけるようなことを、家族には思ってしまうんだろう…

 

 

という、大変めんどくさい妄想でした。

「長男を産まないとダメ」とか、最近はもう聞かなくなりましたねー。

さて、次は波平かなっ!

PR