復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

他人と関わると、嫌なこともあるし疲れる

鈴木さんのいる飲み会は、その直前にものすごくショックなことがあったので、更にその傷口に塩を塗るような感じになってしまいました。

ちょっとそのショックなことは改めて書きますが、最近花粉症のせいか呆けが酷くて、そんな流れでウッカリやってしまったことでして、

「その程度のことで」

と思う人もいると思いますが、恋もうまくいかない私の、唯一の楽しみを、自分のウッカリと他人との関わりでダメにしてしまいました。

 

ここ一週間の間に、色々不運なことが重なり、その上飲み会では散々鈴木さんの彼女トークが耳に入り、帰宅して号泣しました。

周囲から話を振られて、ノリノリで彼女のことを話す鈴木さんに怒りを抱いてはいけないことは分かっていますが、やはり嫌でした。

私も席を外したり、他の人と別の話をしたりして話題に入らないようにしましたが、それを分かっているだろうに話を止めない鈴木さんと笑顔で話す気持ちにはなれませんでした。

 

帰り道に酔っていたこともあり

「やはりああいう話は聞きたくないから、もう誘いませんね。

でも、今日の会を仕事面では良いキッカケにしてくれたら嬉しいです」

と鈴木さんにLINEしました。

 

絶対に言ってはいけないことなのは分かっていますが、仕事のことで良いキッカケにしたくて誘ったのに、その思いやりを踏みにじられた気持ちになりました。

せめて話題を振られても軽く返して、他の話に変えるくらいのことをして欲しかった、と勝手ながら思ってしまいました。

 

今は本当に、不運続きで落ち込んでいるので、「鈴木さんは何も悪くないのに、そんなLINEするなんて最悪」

とか読んだ方に思われても、もうこちらもどうとでもなれ、な、破れかぶれな気持ちです。

鈴木さんのことを今でも好きじゃなくても、何とも思わないわけではありませんでした。

 

最近立て続けに起こった不運は、友人達との関わりがあったことで起こったことで、それは友人達には全く責任も問題もないことで、私がちゃんとしていれば防げたことなのですが、それでも

「自分1人で行動していたら、もっと上手い対処のしようがあったことなのに」

と思うと、なんだか色々疲れてしまいました。

 

1人は寂しいけど、自由だ。

という言葉をどこかのマンガで読んだことがありますが、時々そんな気持ちになってしまいます。

悲劇のヒロインぶってるなーとも思いますが、こうもうまくいかないことが続くと、なんかもう、書く言葉も浮かびません。

 

鈴木さんからはきっと、なんの返信も来ず、今後は少し私の顔色を伺い、当たり障りない関わりをしていくことになるでしょう。

こうなると分かってたのに、何で飲み会に誘ってしまったのか、自分でも色々気持ちが混ざっていてハッキリとは分かりません。

同僚として頑張って欲しい気持ちと、彼女の存在を私の前では見せずにいて欲しかった、あくまでもただの同僚としてうまくやっていきたかった、という気持ちがあります。

 

私の中に好意があるから鈴木さんは牽制で嫌なことをするのかな、と思うと、好意が一切無い態度を取るしか無いのですが、それをしてもやはり嫌な気持ちになることは起こる。

いや、鈴木さんも嫌な気持ちにさせようとは思っていないんでしょうけど、私が勝手に嫌な気持ちになってしまっています。

 

この件は誰かと話してスッキリすることではないし、鈴木さんと話すことは出来ない上に、彼と話しても何もなりません。

ただただ、私の中だけの問題です。

飲み会の間、私はあまり鈴木さんの目を見て話すことが出来ませんでした。

皆んなと色々仕事の話をして欲しかったのに、結局気付くと鈴木さんの彼女トークになっていて、勝手にガッカリしてしまいました。

皆んなも鈴木さんには、彼女ネタくらいしか振れる話題が無かったんでしょうけど…

 

あー、ホント、落ち込んでいる時ほど、その人の真価が問われるんでしょうね。

私はこういう時に、顔で笑って心で泣くことが、うまく出来ません。

飲み会前のショックなことについて友人とやり取りしていた時にも、友人だけが悪いわけではないと分かっていても

「気にしないで」

と返信することが出来ず、でも怒ったりするのは違うと思い

「今は色々悪いことが重なってて、うまく返せない」

と送ってしまいました。

 

友人からは、「飲みに行こう。今日は都合どう?」とLINEが来て、とても有り難いと思いながらも

「今日の飲み会なんだ」

としか返せませんでした。

今は、誰かに会って話したいという気持ちになれません。

若い頃は誰かに話すことでスッキリすることもありましたが、今はもうその気力体力がありません。

 

鈴木さんに比べたら、友人はずっと大事で優しい存在なので、八つ当たりのようなことは言いたくない、と思います。

友人は、私の心の中のモヤモヤも、変なお説教やアドバイスをしないで聞いてくれる人だから、気持ちが落ち着いたらまた笑顔で接したいです。

今年はお正月に厄祓いしなかったから、こんな不運が重なるのかしら…

これ以上の不運は病気事故失職レベルだと思いますが、これで打ち止めであって欲しいものです。

土日はゆっくり1人で過ごして、少しでも傷を癒していこうと思います。

PR