復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

謝ってくれて、ありがとう

と鈴木さんにLINEしました。

こういう風にお礼を言うのは変かな?とか思ったのですが、謝ってもらえたら嬉しいという気持ちは伝えておこうと思いました。

ただ、まだ会費の受け取りに関しては考え中です。

お金の問題ではなく、気持ちの問題として、やはり自分の嫌な部分をまた見せてしまったことへのお詫びとか、でもやっぱりプレゼント代の奢りを受け入れた鈴木さんの気持ちを考えてみると、このまま私が払って終わりでいいのかな、と思っています。

 

きっとずっと鈴木さんは、私がさほど傷付いていない、というか、振った振られたなんてよくあること、と思っていたんでしょう。

で、私が別件で落ち込んでいる時に、目の前で大声で彼女の話をすることが、どのくらい傷付けることか分からず、むしろ自分を正当化していたんじゃないかな。

 

下手に彼女の話題を避けて、私に期待させたらいけない、と思って、最悪のタイミングで突き放したことに気付かなかったのなら、それはそうさせた私が悪いのかなーと思いつつも、いや、別の誠実なやり方もあるでしょ?と思ってしまいます。

 

ググッていたら、やはり好きだった同僚に彼女が出来て、気まずそうにしていたら「どうして?」と笑いながら聞かれた、という相談サイトがありました。

「その男、性格悪いね」

と解答欄に書かれていましたが、ちゃんと彼女がいつつも、それを悲しむ自分のことを好きな女がいることに、調子に乗ってしまう人は割と多いと思います。

 

鈴木さんが今まで私に謝らなかったのは、男女で「謝る」ということの価値観が違うからなのかな?

好かれてると分かっていて、自分は相手を大事に思っていない時には、気持ちに応えられないことを謝らない男性は結構いる気がします。

 

ググッてみたら、男性にとって謝るということは「責任を取る」「代償を支払わされる」という覚悟を必要とするもので、

女性にとって謝るということは「共感」というコミュニケーション手段の一つという説があるそうです。

 

そういえば元彼も付き合っている頃、些細なことではすぐに「ごめんねー」と謝ってくれましたが、2人の気持ちの行き違いで私が悲しくて怒っている時は謝りませんでした。

「こっちも悪かった。ごめん」

の一言が言ってもらえなくてモヤモヤする人は、ググッてみるとたくさん出てきます。

 

私も「お互い様だろ」と思うとなかなか自分から謝れないところがあるのですが、それはやはり「自分だけ悪者になりたくない。こっちだって被害者なのに」と思っている時です。

でもそこまで大きなことでなければ、先でも何でも軽く謝れます。

 

私は先に自分が謝れば、向こうも謝ってくれるのかと思い込んでいました。

でも鈴木さんは「大丈夫ですよ」と言って謝罪を受け入れても、「自分も悪かった」と謝ってくれずにいました。

今回は謝ってくれて、本当にありがたい。

 

それでも、マンガやドラマのように、その一言の謝罪だけで全てを水に流して、笑顔で接することは、今は出来ません。

そう思える程の言葉が無かったし、それは今後も聞くことは出来ない。

私が自分の中で感情を処理するのに、まだ時間がかかりそうです。

 

と落ち込んでばかりのようですが、東京大神宮の雛祭りのご祈祷のおかげか、少し良いことがありました!

半年近く見かけなくなっていて、心配していた野良猫に会えました。

私がつけた名前を呼んだら「ニャー」とお返事しながら姿を消してしまいましたが、お返事したということはあの子だ、と思ってすごく嬉しかったです。

久々に会える人がいる、とおみくじに書かれていたのはコレ?

 

鈴木さんが私に対して、調子に乗った態度を取っていたこと。

少しは今回のことで気付いてくれてたら良いな、と思ってます。

フワフワと躱すのがベストと鈴木さんは思っていたのかもしれないけど、普通の同僚以下の態度を時々取られることに、私は傷付いていました。

ハッキリと言葉にしないまま、笑顔で話したり、期待させないように突き放したり、を繰り返されるのは、悲しかったです。

ま、自分から離れれば良かったんですけどね。

 

好きな男性、かつて好きだった男性とのやりとりは、友達や同僚とのやりとりと違い、どこか冷静に割り切れなかったり、たった一言の思い遣りの言葉が言えなかったりして。

それは他人から見たら無様なのかもしれないけど、本人の中では価値観を変えるようなことだったりもします。

 

かなり強引に言わせた感がありますが、鈴木さんからの謝罪の言葉に飲み代分払ってもいいような気もします。

単に「こちらこそ、ごめんね」の一言が言えない為に壊れる人間関係もたくさんあるみたいだし、その謝れない理由もそれぞれある、と思うと、これだけでオムニバスドラマが出来そうなテーマに思えます。

現実には、ただ謝るだけでは万事解決はしないんですけど。

 

しかし、これだけグズグズ言った後にお金を受け取るのって、タイミングも難しいし、かっこ悪いかなー。

このまま放っておいたら、ホワイトデーのお返しと一緒にお金も渡される気もするので、それまで放っておいても良いのかな。

昨日今日と鈴木さんとは顔を合わせていず、電話の取次で一度挨拶した時は、お互い硬い空気になりました。

今更話すことは何も無いけど、1年前にもしちゃんと話してお互い謝れていたら、こんな風にいつまでもお互い嫌な気持ちにならずに済んだかもなぁ、とやはり思ってしまいます。

PR