復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

自分だけ立ち止まっている感じが辛い

ただでさえ辛い時に、トドメを刺してくれたヤツのお陰さまで、ツラツラと

私だけ立ち止まっていたんだなー

と思ってドンヨリしています。

そんなことも書いているからか、先日ブログにネガティブコメントが来ました。

urarara0724.jp

私は本当に全くネガティブコメント自体は

「こういうこと書き込みたいヤツ多いよなー」

と一般論として一括りにしていますが、そういう

「他人を傷付けたい」

という感情を持つ人がいる、と実感するのは、気分良くないですね。

ので、「他人のブログにこんなコメント書き込むよりは、1人でドンヨリしている方がマシかなー」と思ったりもします。

 

今日は朝からビットコインFXをしながら、5chのビットコインスレでいつものように皆んなと話していました。

変な人もいますが、たまに面白い話も出来たりします。

震災の日に「震災上げで今日は上がる」とか不謹慎なことを言っていた人がいたので、ふと

「このスレの中にも、震災の被害に遭った人はいるの?」と聞いたら

「当時俺は大学進学で離れて暮らしてたけど、祖父と親父を津波で亡くしたよ。

でも自分自身は被害に遭ってないから、どこか他人事みたいに感じちゃうんだよね。

震災上げネタも笑ったし。

どこか麻痺してるのかもしれないけどね」

と話してくれた人がいて、ニュースで観る被災者の話よりも身近に感じたというか、

「やっぱり、本当にそういう人がいるんだな」

と改めて思いました。

 

あの匿名掲示板に書き込んでいる人達は、みんな日本のあちこち色んな所で暮らしていて、関西や九州のうどん屋さんの話を聞いたこともありました。

「こんな天気の良い日に、ビットコインのことばかり考えてないで桜を見に行こうぜ」

と言う人がいると

「桜なんてとっくに散ったわ」

と言う人がいたり、天気だって皆んな違います。

 

私がそうやって部屋で1人で過ごしていた間に、ヤツは他の若い女性と幸せを手に入れたのか、と思うと、またドンヨリします。

実は先日元彼の誕生日で、他にも元彼が好きそうな話題があって、2通メールしたりしてしまいました。

もちろん返信も無いし、読んでいないどころか迷惑メール扱いになってるかもしれせんが。

 

そんな風に元彼達のことを1人で考える時間は、本当に無駄なモノです。

あ、一応ブログのネタにはできていますが。

「誰か」ではなく「好きな人」と過ごしたいだけであって、1人で過ごす時間自体は好きだし、友達も僅かながらいますが、でもやっぱり孤独感を感じながら、ビットコインFXをして掲示板にいて、ふと

「私、何でこんなことしてるんだろう。

怖くて少量しか買わず、数百円の損得にハラハラして馬鹿みたい」

と思って、その時持っていたポジションを20円プラスくらいで終わりにしました。

 

実は先日ビットコインが10万円一気に価格上昇した時に、私はFXで少量ロングを持っていて、その収益の少なさに我ながら呆れたんです。

怖いから少量買ったロングは、ちまちまと上昇途中で売っていってしまった為、トータルで多分2千円もしないくらいの儲けにしかなりませんでした。

全力で賭けていたら数万円儲かっただろうなー。

そうしたらこれまでの損失がかなり減ったのに。

 

でも、そこまで残念にも思わない自分もいました。

儲かっても儲からなくても、だからなんだって言うんだろ?

それで好きな人から好かれるわけじゃないし、会社のトラブルが無くなるわけじゃない。

一生懸命安値で仕込もうと少しずつ値段を確認しながら買ったビットコインは、0.001につき数十〜200円くらいのプラスになっていました。

滅多にないレベルの爆上げで、こんな儲けかよってのと、色んなことの無駄さにゲンナリ。

 

なんだかそんな気持ちで先程ポジションを切ったら、その後突然価格上昇し、やっぱりもったいなかったかなーと思ってその上げにちょっと乗り、やはり怖くなって5円くらいの儲けで慌てて切りました。

5chでは皆んなが、その上昇に盛り上がっていました。

こういうお祭りをみんなでワイワイ楽しむ感じが好きで、ここ数ヶ月休日をこんな風に過ごしていました。

そして内心やはりどこかで、鈴木さんや元彼から連絡が来るという奇跡を期待していました。

そんな部屋でダラダラしてても、奇跡なんて起きないよ!って思うんですけどね。

 

私の影響で男友達もビットコインを買ってFXを始め、毎日今日の上げ下げや損得をLINEしたりしています。

彼も独り身が長く、好きな人とは縁が無く過ごしているので、お互い虚しさについて話すことも多いです。

ちなみに彼も爆上げ中に、私より少量底値でロングを買っていたのですが、途中の上げ下げで売って買ってを繰り返し、かえって損をしてしまったそうです。

私は「もういいわ〜上がりたいなら好きなだけ上がれば〜」と途中からチャートも見なくなっていたのですが、男友達は上昇開始時に仕事で忙しくて乗れなかったので、なんとか途中でうまく勝負しようとして、失敗したんだとか…暇だな、お互い。

 

他にも独身で長年恋人のいない友人はいますし、彼女が人生や心身のことで悩んでいるけど、それを口にせず趣味の話をしているのも知っています。 

ブログ友達のずずずさんも時々こんな気持ちを書かれていて「ひとりじゃないのね」と思わせてくれていて、有り難いです。

皆んな色々あるし、色んな人がいるって知ってるのに、なんだか自分だけ立ち止まって年を取ってしまった気持ちになります。

趣味のブログも最近毎日書けていません。

 

楽しいこともあるし、そこまで酷くて落ち込んでる訳では無いのですが、決して他人には言えない悪態がこみ上げてきて、1人で突然口にしてしまうことが増えました。

「これは、本人には絶対に言ってはいけない。

言ってもスッキリもしないし、お互い不快になるだけだ」

という感情を持て余しています。

 

昔の大人気漫画「ぼくの地球を守って」の中で、戦地で生まれ育った孤高のイケメン紫苑が

「早くどこかへ帰りたい」

という言葉をパスワードに使うシーンがありました。

ぼくの地球を守って 1 (白泉社文庫)

故郷も家族もなく、やっと出会えた優しい養育者とペットも突然の事故で亡くなり、ずっと孤独感を抱えていた紫苑にとって

「帰りたい場所があるわけではないけれど、でも、どこかに帰りたい」

という気持ちがあった、という切ないシーンなのですが、時々私もこの言葉が沁みることがあります。

 

実家に帰りたいわけじゃない、戻りたい場所もない、あえていうなら、元彼と過ごした日々に戻りたい。

そう思いながらも他に好きな人が出来たのに、やっぱり私は1人。

皆んなが楽しく過ごしているわけじゃなくても、私が好きな人は、私以外の人と過ごしてる。

失恋したことがある方なら誰でも感じることでしょうが、まだ私もそんなことを考えてしまいます。

 

前に進むことだけ考えて生きていかなきゃいけないわけじゃないけど、でもせめて普通の日常を楽しむ気持ちでいられたら良いのに。

小林聡美がよく演じてるキャラクターみたいな感じで。

もちろんそれも「こういう生き方良いよね」という提示であって、実現は大変だとも思うのですが。

と、こんな感じでアンニュイに過ごしています。

でもやっぱりチャートを見たら、FXやりたくなっちゃったりもして、なんなんでしょうね?

さて、どこかへ帰るというよりも、せめて今日はまだ何も食べていないので、これからコンビニに行ってきます…

PR