復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

プレゼントや餞別の品にクオカードは寂しい?

先日恒例の飲み会でおじさまからクオカードをもらいました。

封筒に入った状態でもらったので、金額をその場で見るのははしたないかな?と思って開けなかったのですが、その後少し物言いたげな様子を感じたので開けて見たら、

1万円分のクオカードでした!

 

このおじさまはラジオ番組を持っていて、投稿者へのプレゼント用にクオカードを買った時に、間違えて1万円分のものも買ってたら、と言ってくれたのですが、急な祝い事でサッと財布からこんなものを出せるなんて、すごい…

てか、このおじさまにはMacBook Airも買ってもらってるし、頭が上がりません。

 

で、ふとクオカードと言えば、過去に冷凍食品の毒物混入で対象商品を返品した時と、

イプサが情報流出した時のお詫びにクオカードをもらったのを思い出しました。

urarara0724.jp

普段コンビニではJALカードを使ってマイルを貯めているので、なかなかクオカードを使う機会がないまま引き出しにしまっていたはず。

出がけにそれを見つけだし、千円分のクオカードを封筒に入れて、付箋にメッセージを書いて、最後に鈴木さんの机に置きました。

 

その後少しLINEでやり取りをしましたが、お互い社交辞令の言葉を並べているだけの、もう二度と会うことはないだろう相手への言葉という感じでした。

本来の私なら、好きだった相手に餞別に金券なんて渡さず、相手が喜びそうなものを一生懸命考えますが、今はもうこれが一番無難なものだと思えました。

 

いくらもらいものだとはいえ、1万円分も鈴木さんにあげる義理は無いな、と思った程度の気持ちではありますが、やはり本当にもう二度と会わないこと、そして、ずっと好きで仲良くなりたくて色々頑張っていた時間が無駄だったことについてツラツラ考えてしまい、ここ数日ブログをサボってしまっています。

 

ものすごく落ち込んではいませんが、まだジワジワと不調です。

ビットコインが予想に反して暴落し、今度はもっと落ちる方に賭けたら上昇しているのも、虚しさに拍車をかけていますが…

ま、ビットコインでの損失は、おじさまに買ってもらったパソコンとクオカードより安いものなので、金は天下の回り物だなーと笑っています。

 

最後まで、キチンと本音で鈴木さんと話せなかった気がします。

それでも、そういう関係にしかなれない人を好きになったのは自分。

そんなことをボンヤリ考えています。

そろそろ、元気になってお出掛け記事を書けるようになりたいな。

PR