復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

虚言癖のある女は怖いんだっちぷぅの

私、今まで自分のこと色々ここで書いてきていますし、ヤバイんじゃない?と自分でも思うことは多々あったのですが、この週末は

「本当にヤバイ女性は、こんなもんじゃなかった…ごめんなさい、この程度でブログやってて」

という気持ちになる方々のSNSを見てしまいました。

 

1人目はメインブログで書いた

urarara0724.jp

の飼い主さんで、この方は掘り起こしていくと、とてもブログでご紹介出来ない方でした。

愛犬の写真だけでなく、自撮りも彼氏の写真もアップしていたり。

愛犬が亡くなった時はFacebookで再会した生き別れ状態の実母に会いに行く時だったのだとか。

男性達との金銭的な授受とか、病気詐称とか、そういうので元々炎上していた方の為、この愛犬達のことも「またネタなの?本当なの?」と騒がれたのが拡散していったそうです…

 

で、それを「うわーぁ見てはいけないモノを見てしまった…」と思いながら眺めてしまった時に、

「ウサギで似たことのあった◯◯を思い出した」

というコメントを見かけ、「◯◯ってどんな人だろ?」と思って検索してしまったのですが、こちらもまた…すごかった!

 

以前アウト×デラックスに自称アイドルのアラフォー後半?くらいの「自称永遠の17歳アイドル・Emi-chan(マジカルエミちゃん)」という女性が出ていましたが、


この◯◯さんも似た感じ、というか

「その見た目で、そのカラダ晒しちゃいます?」

という方でした。

SNS上でファッションコーディネートやメイクを紹介するだけでなく、キメ顔をしたり、自作の歌を披露するだけでなく、某韓流アイドルと自分の写真を合成で並べて

「彼氏です」

と何度も投稿している方で、ブログの文章末尾に「だっちぷぅの」を付けてらっしゃいました。

 

どこまでが本気で、どこまでがネタか分かりません。

自分のことを本気で可愛いオシャレさんと思っているかもしれないし。

で、犬の件の方も露出したカラダを晒していましたが、◯◯さんは上半身をモロに晒していたりもして、ちょっともうこちらもネタに出来ません!

ある意味、ファンやアンチの注目を集めている方のようです。

 

そういえば前にストーカー絡みで調べていた時に、ユーチューバーのストーカーで裁判になった女性も、こんな風にSNSで自称アイドルっぽい活動をしている方でした。

urarara0724.jp

妄想と現実の区別がつかなくなる「クレランボー症候群」という病気があるというのも先程知ったのですが、

「彼は私のことを愛している!」

と芸能人や周囲で見かけた人等と相思相愛だと思い込み、期待を裏切られると怒りで何をしでかすのか分からない状態になった人のことを言うそうです。

 

私も大概、執着心も強いし、期待を裏切られると怒りが湧いたりしますし、自分をそこまでブッサイクと思っていなかったりする節がありますが、あそこまでSNSで自分を晒したり、自信満々なこと書き込んだりできません。

そう言えば中学3年生の時に、光GENJIの佐藤敦啓のことが大好きなクラスメイトがいました。 

少年 (光GENJI全集)

少年 (光GENJI全集)

 

 当時すでにSMAPが大人気で、光GENJIってまだいるの?って感じでしたが、彼女は収録を追いかけ、そして

「アッくんに会いたいから将来の夢はアイドル」

と進路の紙に書き、アイドルオーディションに書類を送ったりしてました。

ちなみに彼女はアッくんより体重が重いオタフク顔…。

 

まー中学生の時ならまだ笑える話ですが、30歳過ぎてそんな感じの女性がいることにビックリだわ。

◯◯さんはかなりレアケースだと思いますが、犬の件の方のお友達?とかも結構アレな外見をキメ顔写真で晒していて、ちゃんと彼氏もいると書いていたので

「一生懸命に身だしなみとか最低限気をつけなきゃ、と思っても独り身の私より、この人達の方が幸せなんだよなぁ」

と思うと、もう幸せって何なのか分からなくなってきました。

 

どんなにSNSで笑い者のネタにされていても、

「私は可愛いんだっちぷぅの❤️」

と本気で思っている女性の方が、愚痴愚痴ブツブツ言ってる私より多幸感のある人生を送っている気がします。

「家族で大戸屋でご飯食べて、贅沢な気持ち〜」

とか書いていたのを見て

「この間親に『木曽路』に連れて行かれて、『木曽路なんて東京にもあるんだよ!』と不満をネタにして周囲に話してた自分は、なんてワガママなんだろう…」

とちょっと反省…

 

◯◯さんが「セールで買っちゃったー!キャピ!」とアップしているお洋服やバッグは、私が

urarara0724.jp

で書いた服より定価が2桁近く違いました。

別に私はお金持ちではないけど、全国平均で同年代の女性と比べたら、東京価格で贅沢病だろうな、とは前々から思っていましたが、なんかもうそういう自分もどうなの?

と本気で考えそうになった後に

「いや、まず彼女らと自分を比較する必要はないだろ!」

と冷静に考えたのですが、でもまぁ世の中には色んな人がいて、そして虚言癖を晒している人が結構いる現実にビックリ。

 

そして、どんな人でも彼氏や旦那がいれば独り身より幸せだとか偉いとか、なんだかんだ言ってもそういう価値観が自分の中に根強くあることを感じました。

でもそういうのって、他人と自分を比較するものではない、というか、比較すべきは自分の中の理想と現実とのギャップなのかもしれません。

私としては、親族に迷惑をかけない範囲で好き勝手に暮らしつつ、やはり好きだと思える人と過ごせるのがいいな〜と思いますが、それ以外の価値観と比較してアレコレ上下をつけるのは違うかもしれませんね。

他人を笑い者にするのも人として貧しい感じがするので、これを書くかどうか迷ったのですが…

でもこういう人もいて、だからこそ、「普通◯◯なはず」って価値観はとても無意味なものだな、と思った週末でした。

とりあえず、ペットや親族を傷つけたり、迷惑をかけてはいかんですね。気をつけます!

PR