復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

復縁して人生が変わったアラフォー女性のおはなし

以前、脈なし片思いを1年くらい続け、諦めた直後に偶然再会した元彼と復縁し、半年くらいで結婚が決まった美容師さんのことを書いていましたが、土曜日に会ったら

「実は私、今月一杯で退職して、地元でお店を出すことになりました」

とご報告を受けました。

前回美容院に行ったのは年末で、その時手当たり次第色んな占いに行っている、と聞いていましたが

「あの時、何でそんなに占いに行ってるのかお話したくても出来ずにいたんですけど、ずっとこのことで悩んでたんですよ。

でも旦那さんと色々話して、今後の生活のこととか考えたら、地元に帰った方が良いってことになって。

今日お会い出来て良かったです」

と聞いてビックリしつつも、旦那さんは元々地元が一緒の方だと聞いていたので、なるほど納得ーと思いました。

 

美容師さんの地元は有名な観光地で、冬は雪深い景色が世界遺産にもなっているところです。

なので、これでもう美容師さんにお会いするのは最後なんだなぁ、と突然のお別れの挨拶に驚きつつ、結婚して環境が変わる女性あるあるだわ、としみじみ。

退職の話を聞いたのはもうカットの終わりかけの頃だったので、あまりゆっくりお話を聞かないまま

「じゃあ、今までありがとうございました。

また機会があればお会いしましょう」

とご挨拶して別れましたが、いやーさすがに

「新しいお店に行きますね」

とは言えない距離なので、何て言うのがベストなんだろ?とちょっと悩んでしまいました。

結局ちょっとクールな社交辞令で終えてしまったけど、個人的にメールのやり取りをする仲でもなかったので、寂しいけど仕方なし…。

 

旦那さんは既に転職先を決め、先に引越しを済ませているそうです。

「地元とはいえ、もう東京に住んでる時間の方が長くなってるので、不安もあるんですけどね」

と言っていましたが、そりゃそうだろうなぁ。

既に新しいお店の場所も決まり、設計の話も進んでいるけれど、やはり電話やメールだけで打ち合わせを進められないので、新店オープンは夏前くらいになるとか。

「ライバル店は近くにあるんですか?」と聞いたら

「それが結構多いんですよー。

この人口でこんなに美容院あるの?って思うくらい多くて…」

と言ってましたが、東京のオシャレな美容院で10数年働いてきた方なので、きっと地元の美意識高い女性や若い子から人気のお店になることでしょう。

 

いやー、恋したいとか結婚したいとか、そういうのはホント、入り口みたいな話なんですね。

私は地元に帰る、とかは無いと思っていますが、今後もし出会いがあって御縁があったら、東京以外に住むってこともあるのかしら。

親の介護を考えて、アラフォーで地元に帰る方の話は時々聞きます。

老々介護している男性の話も聞きます。

そういう家族にまつわる人生設計、私は何にも考えていません…

 

美容院に行くのは数ヶ月に一度で、でも何年も恋話とか趣味のこととか色々話していた美容師さんともう会えなくなる寂しさは、今これを書きながら段々と実感が湧いてきました。

お店のブログを読むと、その美容師さんは今通っているお店がオープンした時からのスタッフさんなので、私もオープン時から通っていたため、10年以上のお付き合いでした。

 

特に髪型や髪色にこだわりのない私が、毎回

「特にこうしたいってのは無いけど、それなりに私の好みの感じにして下さい」

とお願いして、

「だったら、こういうのが似合うと思います!」

と提案してくれていた慣れた美容師さんがいなくなるのは、個人的には残念…

「次の担当は誰が良いですか?この子はどうですか?」

と若い女性のスタッフさんの名前を挙げられたのですが、言えなかったけど、その人は結構雑なところがあるから嫌だわ…

 

退職する美容師さんの前にはオーナー女性に担当してもらっていて、オーナーが出産育児のタイミングで今の方に担当が変わっていたので、またオーナーにお願いすることにしました。

美容師さんと話すのが苦手で美容院に行くのが苦手、という方も時々いますが、確かに相性とかあるから、私もずっと同じお店に通い続けています。

接骨院と美容院は自分のこと分かってくれてるところに通い続けるのが楽。

でも相手も人だから、こんな風にお別れもくるものなんですね。

 

美容師さんはこの先の10年、20年、その先を考えて、復縁して結婚したタイミングで人生を大きく変えることになったこと、同じアラフォー女性として、まだ独身の身として、色々考えされられました。

軽い気持ちで「頑張って!」と言えないくらい、土地の変化は大きそうだけど、でも旦那さんや親御さん達と協力し合って、変わらず笑顔で頑張っていかれるだろうなと思います。

私にもいつか何かしら変化が起こったりするのかなぁ。

その際には笑って新たなスタートを切れる変化であって欲しいものです。

 

ちなみに色んな占いでそれぞれ言われたけれど

「地元に戻った後も東京での御縁も続くし、それなりにやっていけますよ」

と言われた占いが、一番当たっていると言えば当たっている、という感じだったとか。

うーん、私が占い師なら、何も見えなくてもそう言いそう…

ということで、もし読者さんの中に

「夏前に東京から来た美容師さんが新しいサロンを始めた」

という方がいらしたら、是非行ってみてくださいね!

PR