復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

独身はコロナが怖くない、不安にならない、か?

さすがにそろそろコロナ騒動、疲れてきましたね…

私は結構楽観視派だったのですが、TOEIC中止を知ってから気分が落ちてきました。

ついついSNSで皆んなが情報交換しているのを見てしまうのですが、有益な情報はほんの僅かで、デマや不安を煽るものばかり…

というか、政府の言うこともどこまで本当か分からないのがねぇ…

ただ、独身なので家族にうつす、家族からうつされることが無いというのは、もしかしたら良いことでもあるのかなと思えてきました。

親子や配偶者でうつしあうのは風邪やインフルエンザでも同じなのだけど、でもコロナだとニュースに出ちゃうから…

 

友人達ともLINEでやり取りしたりしてたのですが、最初は冷静だった友人が徐々に落ち込みだしたり、やたら不安を煽る人もいたりして、

あ、これちょっと、1人で別のこと考えた方が良いタイミング来てるな

と思い始めています。

今週開催予定だった飲み会も、やっぱり延期となりました。

イベント中止発表が出た直後までは開催予定でしたが、昨日「やはり延期に」と連絡が来たので、まぁそりゃそうだろと納得。

 

私は今でも、この騒動はそう長くは続かないと思っています。

でも友人達が「いつまで続くんだろう…」と嘆いているのに対して、笑いながら

「あと1〜2週間耐えれば終わるって」

なんて言えません。

日に日に感染者が増えてるとは言え、私にはそんなすごい人数には見えないんだけどなぁ。

WHOが気にしているのも、日本ではなく開発途上国での蔓延だと思うし。

 

しかしトイレットペーパー、ティッシュペーパー、生理用品の買い占めが起こってるのには驚きました。

SNSで見てはいたけど、本当に日曜にドラッグストアに行ったら、棚が空っぽになってたなぁ。

そんな中でも、私が愛用している鼻セレブだけ残っていたので、ちょっと我ながらマイノリティぷりに笑いました。

私は先日3箱セット買ったばかりなので買わなかったけど、可愛いウサギさんたちがガランとした棚にポツンといるんだもの。

ネピア 鼻セレブティシュ 400枚(200組)×3コパック

ネピア 鼻セレブティシュ 400枚(200組)×3コパック

  • 発売日: 2018/10/03
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

花粉症の肌にも優しく、パッケージも可愛いのにね。

 

スーパーでは魚介類が半額セールをしていたので、アサリやタコやしらす、鮭と牡蠣とホタルイカを買いました。

築地に観光客が来なくなり、魚が余っているというネットニュースを見てたのですが、その影響?

アサリは砂抜きをしてから冷凍庫へ、鮭も1切れずつタッパーに入れて冷凍。

牡蠣は片栗粉で洗ってから牡蠣飯に。

タコはネギと一緒にオリーブオイルで炒め、ホタルイカとしらすはほうれん草のお浸しに添えて食べ…てもまだまだある!

 

岩盤浴を貸切で楽しんだり、いつもなら大行列のお店でランチしたり、魚介類半額セールでキャッキャしたりと、私ほんと呑気すぎなんですかね?

罹患者の行った岩盤浴は消毒されたらしいというのもネットで見たけど…

とか言うとネットでは

「お前がコロナになるのは勝手だけど、他人にうつす可能性が高いんだ!

独身はこれだから身勝手で迷惑。

自覚症状がなくてもウィルス保有者だと思え!」

なんて言われたりするんですが、もうそういう言葉見るのも疲れたよ…

 

SNSが普及してから、地震や台風やコロナで大騒ぎになることが増えた気がします。

こう言ってはなんだけど、被害が出ている方々のことは確かに心配して当然、なんだけど…

皆んなが不安の種を探し回ってるみたいにも思えるんですよね。

ホラー映画を観たがるように、不安を感じたがってるみたいに見える。

で、SNSで更に不安を煽り、それを正義と信じている感じ、何だか怖い。

「備えあれば憂いなし」と言いながら、必要以上に備蓄し、備蓄していない人を嘲笑うコメントもたくさん見たなー。

 

経済不安は私もかなり感じています。

政府の学校とイベント中止発表の後、子供の有無に関わらず派遣さんが休んだり、早退していました。

「派遣先でコロナもらいたくない」

って思ってるのかなー、まぁそりゃそうだよなぁ。

正社員だってこの先どうなるか分からない。

ただでさえオリンピック後の日本はヤバいと言われてたのに、オリンピックさえ出来ないかもしれないなんて、ね。

ただそれでも私は、守るべき家族がいるわけでなし、いざとなったら実家に帰ろうくらいにしか思ってません。

実家じゃなくても、働ける場所があるなら国内でも海外でも良いかな。

 

これは独身だからと言うより、私に流れる血のせいかもしれません。

第一次世界大戦や関東大震災で日本がボロボロの時、曽祖父は一族で台湾に行き、タバコ畑などを経営して結構儲けてたそうなんです。

「東京が壊滅的状態だったから、九州はその影響で一気に仕事が無くなり、海外に行くことにした」

って流れだったそうですが、ウチの苗字の町名が出来たくらい、結構な土地を持っていたのだとか。

でもそれも戦況が変わったため、また日本に戻ることになった、と父から聞いていますが、確かに曽祖父が台湾の写真館で撮った写真は、めっちゃオシャレさんでした。

ちなみにうちは分家だから、何の財産もございません…

 

ただ、父方も母方も曽祖父や祖父は結構フレキシブルに移住し、最後はまた九州に戻るって感じだったようなので、私もそんな感覚で良いんじゃないかなーと思ってます。

先祖代々の土地に住み続けるのではなく、またいつか帰ろうと思いながら、生きられる場所へ行く。

独身でも家族持ちでも、生きるためにどうするか考えるポイントは同じなんじゃないかなぁ。

もちろん、独身は身軽で孤独ですが。

 

強く生きたいとも思わないけど、生きている時間はあまり辛い思いをしたくない。

私は今、コロナに怯えて閉じこもり、先の楽しみを計画出来ずに落ち込んでいたくはありません。

次々と不安事項を妄想し、右往左往したくないなー。

予備のトイレットペーパーを奪い合うより、中国に輸出できない、観光客に売れなくて余ってる物を買う方が、私には生産的に思えるんだけど。

お金に余裕無いから、そんなに私も贅沢は出来ませんが…

今は私は、不安がるよりお得を楽しんで過ごしたいと思ってます。

そして、自分が罹患することなく、既に罹患した方々が早く回復し、回復後も不安を感じない社会を作るようにしたい!

とでも考えないと、やっぱり不安が増しちゃうし。

さて、今週も頑張りましょう!