復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

神社仏閣のおみくじも消毒剤を設置してコロナ対策中…でも大吉ひいた!

メインブログにも書きましたが、今日(昨日)の昼間はお寺にお散歩に行ってきました。

老夫婦や子連れがワンサカ来ていたので、そろそろここもマスコミの槍玉にあがることでしょう。

urarara0724.jp

マスコミは実際に東京に住んでいる人が感じている混雑の状況より、ちょっと認識が遅れていたり、ズレています。

商店街が激混みになっていることは、私は先々週くらいから書いてました。

それを今日になって騒ぐNHKには呆れています。

しかも商店街は土曜日の休業要請を受けて、一気に営業時間を変更したり、休業し始めてますからね。

それを言わずに「ほーら、繁華街に行かない都民が商店街に行ってるよ」と今更言うのは遅すぎるっつーの。

urarara0724.jp

そのくせマスコミは、商店街やスーパーで次々に従業員の感染が発覚していることを取り上げません。

私は自宅と職場と友人宅の周辺をチェックしていますが、ほとんど新規掲載がないように見えて、ポツポツっと発表されてるんです。

f:id:urara0724:20200413005035j:image

これは企業側が合意して載せているものだから、多分公表されていないオフィスビルでの発覚はいっぱいあるんだろうな〜。

なのにニュースでは「東京都で何人発覚」「発覚した人の居住地は○○区」しか出さないんだから、意味ないよ〜。

だってほとんどの人と接する機会があるのは、地元じゃなくてオフィス街と商店街やスーパーでしょ。

アフィリエイトブロガーがますます苦境に立たされる魔のアップデートが最近あり、うちのブログアクセス数も3分の1以下に落ちました。

それでも、マスコミのミスリード、わざと誤解を生むニュースに対抗できるのは、実際に東京に住んでいるブロガーなのではないか?と思っています。(そこまでの正義感もないけどさ) 

 

私は上記のサイトを見るまで、職場周辺で次々と感染者が出ていることを知りませんでした。

街からの情報って、会社に届かないんです。

先日「うちの会社と同じ町名から感染者出てますよ、ほら、あのコンビニの近く」と同僚に言ったら、全員が「え!なにそれ知らない!」と驚いてました。

そういうのも自分でアプリを入れて調べないと分からないって、どういうこと??

本気で感染者を減らしたいなら、せめて感染者の出たビル名くらいは都や区が公表してくださいよ…

 

なーんて怒ったり、他人任せにしているおも芸がないし、ストレスが溜まるだけ。

ということでお寺で久々におみくじを引きました。

いわゆるシャカシャカと筒を振って番号を書かれた棒を出すタイプなのですが、ちゃんと側に消毒用アルコールが設置されていました。

出た番号は1番!

おお、これは結構珍しい!

f:id:urara0724:20200413003749j:image

うーん、書いてあることはイマイチぴんとこないけど、でも大吉!ラッキー!

今は出会いとか考える時期でもありませんし、仕事がどうなるか分からない不安だらけなときですからね…

宗教での集いは禁止、と言われていますが、でもこんなときだからこそ、神社仏閣に行きたい日本人もいるでしょう。

さすがの私も「日本だけでなく、世界中のこのコロナの騒ぎが落ち着き、そして経済不安が解消されていきますように」とお願いしました。

 

帰り道にお土産物屋さんを覗くと、いつも行く和菓子のお店の1つは休業中でした。

酒屋さんの休業してたけど、もう1つやってたお店でくず餅を購入。

更に古民家カフェでテイクアウトも買い、さらにさらに業務用の和菓子屋さんで心太も買っちゃいました。

子供の頃から、高熱を出す直前になると、ものすごく食欲が湧くことが多かったんです。

異様におかわりをする私を見て

「あー、あんた明日、熱出すね」

と親に言われていたら、やっぱり熱を出したりしてました。

子供ってそういう、熱が出る前にハイテンションになることって多いですよね。

そういう理由なのか、ストレスなのか、最近お菓子を食べる手が止まりません!

中村倫也のラジオ収録に申し込みたくて、ルマンドを大量買しちゃったし…

lumonde.bourbon-cp.jp

のでせめて、しばらくは心太で深夜の爆食を食い止めたいです…

気を緩ませず、でもストレスを溜めず、は難しい。

でもホント、政府批判とか、出歩く人批判とか、そういう今キレても仕方ないことは考えたくなーい!

空元気のブログばっかり書く偽善者にもなりたくなーい!

良いこともあるし、怖いこともある。

それはコロナ関係なく、日々起こっていること。

それでも今はちょっと、SNSの中が荒ぶり過ぎかな。

そうなると、推し芸能人の話題も楽しめなくなっちゃうし、勉強する気、労働意欲も落ちちゃう。

まー私は元々そんなハイテンションの元気っこじゃないけどさ。

こういう執着心の強い、孤独な独身女ならではの、東京での生活を記していきます。

それはきっと、マスコミが印象操作したり、ミスリードしている内容とは違うだろうと思うんですけどね。