復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

ダメなところを見せられる=心を許してくれている、ではない

先日ちょっと鈴木さんにモニタリングをお願いしました。

鈴木さんを選んだ理由は

「適当で、細かいことを気にしない、不器用で雑な人」

だからです。この人選は正しかったようで、他の人はサラッと出来たことが、鈴木さんは難しかったと言っていました。

 

もう1人同タイプの男性にもモニタリングをお願いしましたが、この方も出来ずに途中で放棄してしまいました。

2人に「何故難しかったのか?どうしたら分かりやすくなるか?」と質問したのですが、他の人には分かりやすかったと言われた部分で、2人共つまづいていました。

その理由が想像の斜め上で、「そんなワケないでしょ?」という方向に2人共受け取っていて、呆れるよりも目から鱗が落ちました。

「ぶきっちょさん」という昔読んだ本をぼんやりと思いだしました。

 

私は仕事をする上で「馬鹿でも分かるようにする」というのを心掛けています。

人によって受け取り方にバラツキが出るといけないからですが、意外とみんなが自分と同じように受け取るはずだ、と思い込んでいる人は多い、とこの仕事をしていると実感することが多々あります。

 

私も割と雑なタイプの人間なので、鈴木さん達の気持ちも分からなくは無いのですが、父と兄が真面目で器用なタイプだったので、男っぽい雑さというのがイマイチ分かっていません。

元彼もキッチリしたタイプでしたが、でもそれは私の前では最初はカッコつけていただけな部分もあり、時々雑なことをされるとビックリしました。

 

鈴木さんはあともう少しで終わり、というところで躓いていたのですが、ちょっと格闘した後に私を見て

「もう、諦めて良いですか?」

とニコッとしながら聞いてきました。

「僕、こういうのホント苦手なんで、今までずっと避けてきてたんです」

と笑顔で話すのを聞いて、私もその場では笑っていましたが

「彼女から頼まれたことなら、カッコつけて頑張って最後までやり遂げるんだろうなぁ」

と寂しく思いました。 

 

「男は好きなら自分から行動する」
というのは、確かに正しいです。
好きという程で無くても、ちょっと好かれて良い気分な時は、最初は積極的な態度を取ってくれます。
私が鈴木さんのプライベート携帯の番号を知っているのは、あちらから教えてくれたから、ですし。
ずっと前のことですけどね。

そして中にはこんな事件のように、好きな人に頼られたいが為に意味不明なことをする男性も世の中にいますね。 

「頼ってもらえると思った」同僚女性の車に細工をした男を逮捕 - ライブドアニュース

さすがにこの事件は意味不明ですけどね。

 

鈴木さんは親しい人の前では、甘えた声でふざけて自分のダメさを笑いながら話します。

親しくない人の前では、誠実な好青年を演じます。

でも、女の前では男っぽく威張りたがったり、酷く冷たい態度を取るのも見てきています。

 

人は色んな一面があるもので、常に誰にでも同じ態度で接する訳ではありませんが、可愛い子供のような態度を取っているから、と私が雑談を続けようとすると、途端にピシャリと短い社交辞令で会話を終えられたりするので、その度に胃の下がヒヤリと冷たくなります。

 

鈴木さんがダメなところを私に見せるのは、好かれる必要が無いからです。

もちろん、頼み事を笑顔で引き受けてくれるし、嫌われてはいませんが、鈴木さんが決めた領分を越えることは許されません。

私がその態度に傷付いているのが分かっても、何も言わずフォローもしません。

そういう面倒は嫌だから。

 

最近何度か、やり取りの中でちょっと聞いて欲しいことの触りを書いても、鈴木さんはそこには一切触れないまま会話を終えられることがありました。

そうなるだろうと予想してはいたけど、やっぱりそうかぁ。

私たちは時間をかけても、同僚としてでも仲良くはなれないんだなぁとガッカリしました。

他の同僚なら普通に聞いてくれる程度の話でも、鈴木さんにはシャットアウトされてしまうのです。

 

それでも「この程度のことなら、いつでも協力するので言ってくださいねー!」とかは言ってくれます。

それが彼なりの「やんわりと躱しながら、人間関係をうまく築く処世術」なんでしょう。

ちょっとイラっとしてしまって

「社交辞令を言ってくれてありがとー!

また何かあったらお願いしますね!」

と返したら、その後ちょっと素っ気ない態度を取られました。

素っ気ないのか、私が怒ってるのを察して警戒したのかは分かりませんが…

 

と、鈴木さんネタもさすがにもう尽きかけているのですが、一応まだ会い続ける関係ではあるので、「会社内で片思いして振られた後は、こんな感じ」という例として書いてみました。

私と同じように会社内で振られた人の話はyahoo!知恵袋とか発言小町にはたくさんありますが、その後のことは分からないケースがほとんどなので。

 

あれから鈴木さんのダメなところはたくさん見てきました。

雑でいい加減で適当で、口先ばかり達者な、でも可愛い子供のような部分のある鈴木さんのことを、やっぱり私は嫌いにはなれません。

少しずつ無関心にはなってきていましたが、やはり対面して話すと色々考えてしまうので、距離を保たないと自分にとって良くないなぁと感じています。

 

でも、本当に頼み事に対して、不器用に雑に、でも素直に取り組んでくれた鈴木さんには笑わせてもらったし、感謝しています。

彼の外見も魅力ではありますが、私はこの性格も割と好きなんです。

ハムスターを飼っていた時の気持ちを思い出します。

この写真集と同じロボロフスキーハムスターを飼っていたのですが、外見も、なかなか懐かないビクビクしたところも、でもちょっと懐くとワガママしたりするところも、可愛かったなぁ。

ロボロフスキーハムスター写真集「TAO2」

ロボロフスキーハムスター写真集「TAO2」

 

馬鹿な子ほど可愛くて、突拍子の無いことをされては笑っていました。

(カーテンによじ登ったり、おやつの袋に入り込んでツチノコみたいな形になるまでパンパンに頬袋に詰め込んでみたり…)

 

この気持ちは、もう恋じゃないかもしれないけど、でもやっぱりまだ鈴木さんが気になります。

毎日一緒にいて面倒を見てあげたい、とかは思わないんですけどね。

それはちょっと、想像するだけで面倒くさそう…

「あなたのことはそれほど」の有島以上に、テキトーで責任感のない人ですから…

(職場でそう上司からも評価されてる時点でアカン子ですが)

それでも鈴木さんには笑って楽しく過ごして欲しいし、私に心を許してくれていなくても、ダメなところを見せられて笑うだけでも楽しい、とまだ思ってしまいます。

PR