復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

無駄な気遣いですれ違うのは、相性が悪いから?

今日は鈴木さん残業してるなぁ、と思っていたのですが、ふと見たらいなくなっていました。

でも、鈴木さんが使っていた部屋の電気は点いたまま。

離席してるのか?消し忘れて帰ったのか?と思っている内に、同僚が退社すると言うので、私も一緒に帰る準備をしつつ、

「部屋の電気点けたまま帰ったの?」

と鈴木さんにメールしました。

 

この時点では、単に消し忘れだろうと思っていました。

最後に退社する人はセキュリティをかけなければいけないので、一応退社したかの確認のつもりでした。しかし返信には

「すみません!戻ります!何時までいますか?」

と書かれていました。

 

ん?これは、点けっぱなしで離席してすみませんって意味?

ってことは鈴木さんが戻ってくるまで、誰かいないといけないの?

誰にも何も言わずに一時離席で食事に出ている、とかだと、上司にバレたら心証が良くないと思い、仕事を続けながら上司と同僚を見送りました。

 

でも、戻って来ない…

もしやと思って

「もしかして、電気を消す為に会社に戻るつもり?」

とメールしたら

「はい!でも非常口の鍵が無くて、今入り口にいます…」

と返信が。夜間は非常口からしか出入り出来ず、専用の鍵が必要になります。

「だったら、消しておくからいいよ」

と返信したら

「ありがとうございます!すみません…」と。

 

…ちっ。気を遣って待って損したわ。

仕事が残っているから戻るのなら、と思って待ったのに…。

「バーカバーカ」

と返信したけど、それだと

「消し忘れて帰るなんてバカ」

と受け取られてしまい、こちらの無駄な気遣いが伝わっていない気がしたので

「こういう時は、斜め上の気遣いをしないで『すみません、消し忘れてたので消灯をお願いします!お詫びに缶コーヒー奢ります!』くらいの返信を最初にして。

元々戻る予定だったのかと思って帰れなかったんだけど」

とメールしました。

 

鈴木さんは「すみません…今後気をつけます…」と平謝りでしたが、彼女との家が近いから戻れるアピールかよっとイラっとしたのもあるし、普通に社会人として分かりづらい返信にイラっとしました。

この人ホント、気が利かない時と、礼儀正し過ぎるくらい気を遣う時の差があり過ぎて、読めない…!

自分への気遣いで私が退社出来なくなる、という方向には想像しなかったのでしょう。

 

私の怒りは収まらず

「基本、失礼な嘘つきだと思ってるから、無駄な気遣いはしなくていいよ。

こっちもその方が気を回さなくて済むから楽だし。じゃ、おつかれさま」

と、大変意地悪なメールをしたら、返信ありませんでした。

 

今こうして書くと、字面めっちゃ怖いですね。

気持ちとしては、そこまで嫌味なつもりはなく、口頭で笑って言うくらいの感覚だったのですが、メールは難しい…

一応顔文字とか入れてるから、文面程キツさは無いはずなんですが…

鈴木さんが心にも無いおべっかを言ったり、人によって違う嘘を吐くのは、社員の間ではネタになってるから、そのノリだったんですけどねー。

 

こういう気遣いのすれ違いって、割とよくあります。

人によっては、その気遣いがうまく噛み合ってスルスルと物事が進むのに、相手によってはお互いの気遣いが別方向を向いていて、無駄な時間を過ごすハメになります…

これが相性ってヤツなんだろーなー。

 

八方美人なことばかり言う鈴木さんは、言葉より行動で解決しようとするタイプ。

しかし要領が悪い為、周囲にムダに気遣いをさせる人、という印象があります。

たった一言素直に言えば終わる話を、「自分で何とかしなきゃ」とバタバタしてる感じ。

 

私に「消灯をお願いします」と言ってはいけない、と思っていたのなら、それはそれで失礼な話です。

その程度のこともやってくれない人間だと思われてるの?それとも、その程度のことも頼めない間柄なの?

他の同僚たちなら、「消灯をお願いします」と言って、週明けに「ありがとうございました」って言えば済む話なのに…

 

きっと、こんな風に私が気遣ったり、怒ったりする心理も、鈴木さんには伝わっていないのでしょう。

今となっては別にそれで良いし、分かり合う為に頑張る気はないけど。

私は他の男性同僚たちとも、甘えて憎まれ口叩いて笑い合うキャラだから、それと同じ感じで普通に接して欲しいなぁ。

てか、私たちもそうやって話す時が割とあるのに、何で今日はそんな気遣いしたんだか。

 

とは言え、もっと優しい返信しときゃ良かったかなー。

ニコニコして優しくし合う期間も、ギクシャクして気遣い合う期間も、もう終わってるから、つい他の同僚と同じように、意地悪言っちゃいました。

ま、どーせ気にしてないだろうから、いっか。

理想を言えば、やっぱりこういう時の気遣いが合う人を次は好きになりたいものです。

とは言え、私と鈴木さんも、気遣いのタイミングが合う時期もあったんですけどねぇ。

「異性としての意識」が無くなったらダメになる程度の相性だったのかな。変なの。

PR