復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

老後も素敵な独身女性になりたい「大家さんと僕」感想

今更ですが、お笑い芸人カラテカ「矢部太郎」の「大家さんと僕」を読みました。

発売当時から話題で、手塚治虫賞も獲ったので、既読の方も多いと思います。

大家さんと僕

大家さんと僕

 

私がこの本を知ったのは、発売当時に「王様のブランチ」で矢部さんの家を取材しながら名シーンを紹介しているのを見た時です。

これは良さそうだな、と思いましたが、ほのぼのした気持ちになる気分ではなく、買うタイミングを考えていました。

 

87歳の大家さんのお上品さ、トーク力、可愛らしさ。

絵も上手いし間も絶妙で、薄っぺらい感動お年寄りマンガではありませんが、後半泣けました。

あ、大家さんが亡くなった、とかではありません!

 

この大家さんは60年前くらいに一度結婚し、すぐに離婚してしまったと語っていました。

お話の感じから、元々かなりのお嬢様だったのでしょう。

兄と姉はすでに亡くなっていて、その兄の住んでいた部屋に矢部さんが今は暮らしているそうです。

 

87歳の大家さんは、毎日キチンと食事を作り、1人でも丁寧に季節を楽しみながら暮らしています。

アラフォー独身女性から見ると、とても素敵なおひとりさま人生に思えました。

もちろん、タクシーで伊勢丹に行って2千円のたらこを買えちゃう経済力あってこそ、の羨ましさもありますが。

 

大家さんのお上品さ、ユーモア、優しさ。

とても私に真似できるとは思えませんが、でも数十年かけてあぁなれたら良いな。

そして、もう一つ心に残ったエピソードがありました。

初恋の人と偶然再会し、今度お食事でも、という話になって喜んでいた大家さんが

「87歳の夏は今しかないんだものね」

と言って、矢部さんと共に

「これからスレてみよう!」

と話すシーンです。

 

結局、大家さんの初恋の方は、お食事に行く前に亡くなってしまいました。

年齢もありますが、でも私たちだって、いつ何があるか分からない。

今年の夏は、今年しかない。

だから、スレてみたいと思ったらスレても良い!

それは今でも、数十年後でも良い!

「大家さんと僕」は、とても話題だと知っていても、まだ読んでいない方もいるかと思います。

読んで、絶対に後悔しないどころか、誰かを大事にしたいと思える本です。

是非ご一読ください!

PR