復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

トキメキを感じないモノは、捨てる!

って、大した手紙ではなく、ホワイトデーの時にもらったお礼のお手紙ですが。

今思い返すと、あんなに鈴木さんにバレンタイン何あげるか考えたりするドキドキしていた日々が遠い…

よくやったな、あんなこと。

 

この土日は、土曜日はマッサージに行くタイミングでPayPay20%還元祭を知り、初めてPayPayに入金して祭に乗りまくって過ごしました。

増税前よりお得になるとは思わなかったわー。

メインブログにも書きましたが、結局上限かなりギリギリまで還元される額のお買い物しちゃいました。

urarara0724.jp

また、増税前に買いそびれたシャンプーとトリートメントは、楽天でセール価格に変わっていたためご購入。

政府や企業の施策に踊らされまくってますが、まぁ普段から買ってるものをお得に買えたと思えばそれもまた良し。

それだけまとめ買いすると、玄関にはダンボールやビニール袋が積み上がってしまいます…

ということで日曜日は梱包の袋を片付けると共に、チマチマと日頃溜め込んだ紙ゴミなどを処分しました。

…私はあまり、整理整頓が完璧には出来ない子…

 

「そのうち要不要を分けて捨てよう」

と思っていたDM系や旅先でもらってきたチラシ、保証書とかそういうのを分類し、ゴミ袋4個分くらい捨てた中には、前述の鈴木さんからもらった手紙も入っています。

以前は引っ越しの度にこういうの捨ててたんだけど、今の家には珍しく更新し続けているため、すぐにゴミが溜まってしまうー。

いや、鈴木さんからの手紙だって、もらった当時は大事な宝物に思えていたんですけどね。

それをゴミとか言って捨てるんだから、人の心は変わるものです。

「断捨離」というと良いことのように思えるけど、それって「執着心」が無くなることでもあり。

若い頃の私はあんなに執着心が色々あったのに、最近そういう感情が薄れてるなぁ。

 

何かや誰かを見て心が掴まれて、好きになる。

欲しいと思うもの、トキメキを感じるものを手元に置きたいと思う。

そう思えないものは捨てる。

「腐女子のつづ井さん」の中にも、お母さんから

「これはときめかないな、と思うものはどんどん捨てなさい」

と言われたエピソードがありましたが、最初からときめかないものを手にしてはいけませんね。

今ときめいても、未来の私はときめかないってモノもあるけど…

でもそもそも、ときめくものが全く無い人生も寂しいもの。

当時のときめいた気持ちだけは記憶に残して、物自体は捨てるってのがベスト?

 

鈴木さんからホワイトデーのお返しをもらえただけで、あんなに喜べていたなんて、当時既にババアだったのに、まだまだ若い楽しい気持ちを持っていたんだな〜、と、数年前のことなのに懐かしいです。

でも今みたいに、日々イライラすること、嫌なことばかりで、それをやり過ごすために安定剤を飲んで無理やり心を落ち着けて生きることが、本当に正しい生き方なのかしら?

なんかもう、そういうの考えることさえ、断捨離してしまいたいわ。

目下の悩みは、昨年と今年に買った新田真剣佑がらみの物も捨てるべきかどうか…

という虚しさを感じつつの断捨離。

新しいものを買うということは、古いものは捨てるということかと思うと、今のこの増税やら還元キャンペーンが日本人の価値観も変えていきそうで、ちょっとブルブルするのでした。