復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

失恋した友人を「心配してる」のと「下世話」なのは紙一重

昨日は、本当はいけないけとですが、友人宅に遊びに行って家飲みしてきました。

お互い在宅勤務してますが、でも友人は週一は職場に行っているし、先週も他の友人宅で飲み会をしているとのこと。

この友人とは2・3月にも飲み会をしていたし、基本的にコロナに対する価値観は近いかな?と思っているのですが、それだけに田舎への帰省はしていません。

近日中にオンライン飲み会に声をかけるか、いっそ人の少ない店で昼飲みをするのに誘うか?と悩みながら数日迷っていたのですが、友人から一昨日夜にLINEがきました。

 

誘えばフットワークが軽いけど、向こうから暇で連絡してくる、ということはほぼ無いタイプのため、珍しいなぁと思い

「オンライン飲み会に誘うか、どっか店に誘うか迷ってたんだよねー」と言うと

「ウチで飲めるよ。近くの店でも良いし」

と返ってきたため、彼女か最近引っ越した中目黒に向かうことに。

 

中目黒はかなりの飲食店やアパレル店が休業していましたが、それでもテイクアウトや店内飲食出来る店はいくつか営業していました。

店内では20〜30代の男女グループがかなり入っていて、さすがにその中で私たちも飲む気にはなれず…

結局スーパーでお酒を買い、テイクアウトを近くの店で買い、友人宅で飲むことにしました。

一応窓は開け放してましたが、充分濃厚接触です…

 

友人が同棲していた彼氏と別れたと聞いたのは2月のことでした。

しかし理由を聞いたときに

「楽しい話じゃないから、したくない」

と言われたため、以降詳しくは聞いていません。

ただ友人宅にはまだ段ボールがたくさん積んであったので

「いつこの家に引っ越したの?」と聞くと

「昨年末だけど、前の家に棚の板を半分くらい置いてきちゃってるから、段ボールの中のものを仕舞えないんだよね。

早く持って来いって元彼に言ってるんだけどさぁ」とサバサバした口調で返ってきました。

 

元彼は以前の家にそのまま住んでいる、とのことなので、かなり近距離になります。

いくらコロナのことがあるにしろ、半年近く棚の一部を運んでこない、ということは、もう返す気は無い可能性がある。

「だったら、もう新しい棚を買った方が良くない?」と友人に言ったのですが

「いやーどこにあるのかは分かってるんだからさ」と言われました。

 

これを聞いて思い浮かぶ可能性は

●友人は元彼が棚を届けてくれることを待っている=復縁を望んでいる

●元彼は復縁を望んでいて、棚を返すと本当に関係が終わると思ってる

●元彼はもう棚ごときを届ける気は無い

の3つくらいでしょうか。

 

どうなの?と友人に聞くのは野暮というもの。

「アイツ、私と暮らしてる時は家事を何もしなかったのに、いなくなったら部屋をキレイにしてて、何だよちゃんと出来るんじゃんって思ってさ」

と言う友人に、何て返すのが一番ベストなのかなぁと考えてから

「何でもやってくれるから、甘えてたんでしょ」

と返しました。

 

派手な見た目に対して、友人は古風で家庭的で庶民派な部分があります。

お金持ちとウェイウェイ遊んだりもするけど、オタクでもあり、話していて楽しい人。

私は彼女の実家にも遊びに行ってるし、そもそも出会い自体は10代の頃なので、面倒見の良い良い奴です。

でも、強がりだけど女々しい部分があるのも知っていて、見栄っ張りで権力好きだけど、自身の力にはそこまで自信が無く、でもその弱音を友達に言うのは格好悪いと思ってる

と私は分析してるけど、それは私に見せる顔な話だから、実際他の人にはどうなのか分からない部分もありますね。

 

付き合いが長かった元彼への未練があるのかどうか、別れの理由を聞いていないから分かりません。

私としては、元彼が酔って友人の頭を掴んで恫喝した姿を見てしまっていたため、あの元彼は怖いけど…

そういう男でも優しい可愛いところもあり、それに尽くす女というのを友人が内心は良しとしていた気がします。

それは私も、分からなくない感情なので。

 

あまりこちらから元彼のことは話題にせず、一緒にアニメを観ながら飲んだり、近況報告したり、友人のiPadを私が執念深く設定やり直して直したり、としながら長々と共に過ごしてから、帰宅しました。

どちらかがコロナに感染していたら、まもなく発症しますね。

でも私自身も人と会って話したかったし、もし友人が孤独感を抱えて連絡してきていたのなら、もうコロナになっても良いや、と少し思いました。

 

顔の広い美人なので、きっと友人にはすぐ新しい彼氏が出来ることでしょう。

今も何も言わないけど、候補が誰かいるのかもしれない。

でも、やはり元彼に未練があるのかもしれない。

友人だけど、真相は友人が私に話したいと思わない限り、聞き出すことではありません。

彼女のプライドを壊すのは、アラフォーの友人としてやるべきことではないから…

何にせよ、友人も私も、1人でも誰かといても、楽しいと思える日が続く生活が手に入ると良いなぁと思います。

 

友人はご両親に元彼との別れを報告した時

「次、次!」

と言われた、と話していました。

ということは、フラれたのかなぁ、と想像しています。

私はこの「次、次!」という言葉を元彼と別れたときに色んな人から言われ、その場では合わせて笑っていたけど、でもその気持ちが日々グラグラと揺れていたのをよく覚えています。

そして、そういう一般的な返しはあまり好きじゃ無いな、と感じていたので、なるべく自分は言いたく無い。

浅い付き合いの相手になら言ってしまいますが…

こういう時の正しい対応は、相手の性格や生活や外見によって変わってくるもの。

正解はケースバイケースだから、それを見極められるようになりたいな、とは思います。

「心配してる」のと「下世話」なのは紙一重。

この見極めが上手にできる、素敵な大人の女に、いつか私はなれるのかなぁ?

ま、こんな自粛要請の時に飲みに行く時点で、まともな大人じゃないかもしれませんけどね。