復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

執着する気持ちを理解できない人は幸せ?

コメント欄に質問をいただきましたので、記事でお答えしようかな、と思います。

一応コメント欄に返信はしていますが、そこには書ききれませんでした。

頂いたコメントは

 

「初めまして。 いつも楽しみにしています。 昔、恋していた気持ちを思い出させてくれるなーって思っています。

うららさんはまだ鈴木さんが好きなのでしょうか。 過去記事等では、メールの返事が無かったら脈無し!ときっぱり書いてあるのに何度もメールしたりしているので、理想と現実は違うのでしょうか。

また、先日、元彼や元彼友達にメールしたのは何故なのでしょうか。

うららさんがメールで仕向けなくても、男の人って好きになったらその女性が何も仕向けなくてもがんがんアプローチしてくると思うような気がします。」

と、すでに恋愛は卒業された主婦さん?からのようです。

 

ゴマブッこさんのあの女ブログでもよく見かけますが、独身が恋愛でじたばたする様をネットで読んでコメントするって主婦さんは、一定数いるみたいですね。

以前主婦の友人からも

「ねーねー最近恋愛で面白い話ないの?こっちはそういうのご無沙汰で暇だから、笑わせてよ」

と言われたことがありますが…

正直、そういう方にはこのブログより、あの女ブログか、アメブロとかで個人の日記を書いてる方のを読むことをオススメします。

 

というのも、このブログは私の個人的な日記ではなく、いわゆる「元彼を忘れる方法10選」みたいな情報量の薄い一般論アドバイスを、もっとリアルに即した形で、例を挙げながら書いていこうと思ってやっているものだからです。

 

そして、私が幸せな恋愛や結婚をするまでの道程を書き記すものではなく(まぁ書けたらもちろん良いですが)、「元彼と復縁したい」と思って苦しんでいたり、「元彼のことは諦めて新しい恋をしたのに、うまくいかない」と思って悩んでいる方向けに書いています。

 

「元彼なんて忘れなって〜新しい恋をしたら忘れるって〜」

って一般論アドバイスがありますが、必ずしも次の恋がうまくいくとは限らないワケで。

「元彼と復縁したい」と強く執着するタイプの人の中には、ケロッと次の恋をすぐに始める人もいれば、何年も引きずり続ける人もいます。

 

そうやって引きずる人に、よく「アラフォーのくせに」とか「いい年してみっともない」とかいう言葉を投げつける人をネットの恋愛相談で見かけますが、そういう言葉で一刀両断するのって嫌だなぁと思ったので、そういう言葉で傷付いた同胞が、新しい恋をするのか、一人でも楽しく暮らせるようになるのか、どちらにせよ元気になれる方法を提示できるブログになれば良いな、と思って運営しています。

 

ので、「好きになったら男は自分からがんがん連絡してきますよ」というアドバイスは、以前もコメントで頂いたことがありますが、私も色んなサイトで読んで来た言葉で知ってはいますが、ちょっとブログの趣旨とは違っています…

色々恋愛マニュアルは読みましたが、ぐっどうぃる博士と恋愛部長とゴマブッこさんは私もオススメしてます。

男が「本当に考えていること」を知る方法 (王様文庫)

 

にっちもさっちもいかない恋がうまくいく本 読んでスッキリ、書いてナットク (大和出版)

 

元カレの呪縛 ズルズル引きずっている女、未練タラタラな女どもへ。 (大和出版)

 

で、私たちが知りたいのは「自分のことを好きになってくれた男を好きになる方法」ではなく、「執着している相手への思いをキチンと昇華させる方法」なので、「自分に連絡をしてくる男」のことについては、ここではテーマに沿っていないので省いているのです。

「好きな男からガンガン連絡が来る方法」なら知りたいですけどね。

知り合いたてで、相手もこっちをいいな〜と思ってくれてる状態のときに、ちょっと駆け引きをして連絡を来させる方法は知ってますが、それはすでに振られている相手には通用しませんので…

 

さて、「鈴木さんのことはまだ好きなんでしょうか?」という質問への回答ですが、好きですね。

その好きは、「付き合いたい」とか「人として好き」とか色々混ざっていて、純粋に知り合いたての時の「好き」とは違います。

私の長年の「恋愛相手の執着心」をコントロールする練習台でもあるし、ブログのネタでもあるし、日々の潤いでもあるし、悩みの種でもあります。

 

元彼とその友達にメールをした理由は、単純に「会いたいから」です。

誤解を解きたいとか、友達としてでも話したいとか、とにかく無視のまま終わるのが嫌とか、最後にちゃんと笑って話したいとか、なんかそういう気持ちもあるかもしれないし、ジャイアン的な身勝手さで「私が会いたいから、とりあえず会いたい」みたいな気持ちもあります。

一度会ったらその後は…みたいなのは、特に考えていません。

だから「会ってどうするの?意味ないじゃん」みたいに他人から思われるのは分かってますが、だから「会わなくて良いや」とは思えません。

 

私は多分、世間一般に「普通」と言われる女性より、執着心が強く、集中力と妄想力と行動力があり、素直じゃありません。

ただ、自分を変わり者だとは思いませんし、私のような女性も割と多くいると思います。

 

「あの女ブログ」等の恋愛マニュアル的なものは、あれはあれで次へ進むステップとして良い参考書だと思いますが、執着心を笑って一刀両断すれば解決、では無い人もいます。

愛のムチは、心が元気な人には効くけど、余計傷付いて拗らせてしまう人もいるので、私はそういう一般論は書かない、と決めています。

 

コメント欄の返信にも書きましたが、人の気持ちはゲームや物語のように、ページを捲れば変わったり、誰かの一言で劇的に改善したりはしません。

時間が経てば解決するとも限りません。

何度も気持ちがぶり返したり、強くなったり、弱くなったり、色んなことがあります。

色んな人がいて、それぞれに運命やら縁やら価値観やら思考があって、事実は小説よりも奇なり、なんてこともあります。

 

「執着する気持ちが理解できない」という人は羨ましいし、幸せだろうなぁと思います。

主婦がハーレクイン小説を読むように、独身女性がジタバタするのを、「志村〜うしろ!うしろ!」みたいに笑いながら(古い!)読むのも良いと思うし、そういう人からの意見でハッとすることはあります。

 

一般的な恋愛マニュアルのアドバイスは、読んですぐに納得出来るものもあれば、目の前の問題が片付いた時に納得出来るものもありますね。

言われたタイミングによっては、傷付いたり、怒りを覚えてしまう時もあります。

最近は自分の悩み事を検索して

「この人、私の気持ちがよく分かってるな〜。

今の私にピッタリの言葉が書いてあるわ!」

と思って読んだら、自分が過去に書いた記事だった、なんてことがあります…。

一度考えていた理論も、しばらくしたら忘れて、振り出しに戻ってたりするんです。

そんな感じで、いつまでもグズグズ言ってるのが私で、同じような方が

「私もそうなのよー!」

って思ってくれたら良いな、と思うのですが…

ま、傷の舐め合いも良くないので、書いてる私も、読んでる方も、ハッピーになって執着心を脱ぎ捨てていけるようなブログにしていきたいです!

まだまだ途中段階なのですが、今後ともよろしくお願いします!

PR