復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

MENU

仕事熱心な素敵なご夫婦

同僚とほぼ毎日同じファストフード店でランチをしているのですが、そこの店員さんの中に、一際テキパキと愛想よく働く男性がいます。

昼時は「店員2人が組んで、1人が注文を聞いて品物を用意、もう1人がお会計をする」、というシステムで接客をしているのですが、不慣れなスタッフの場合は、

お会計の時に眼の前のお客さんではなく次のお客さんの注文内容をレジで打ってしまったり、

お会計中の商品を次のお客さんの分で用意しようとしたり、

と同時進行で複数のお客さんを対応出来なくなることが多いのに、この男性は絶対に混乱しないし、間違えません。

動きも無駄がなく、あまりに仕事が出来るので、ネームプレートを見て彼の名前が「播磨さん(仮名)」だと覚えてしまいました。

播磨さんは一見大学生のようにも見えるフツメンですが、結婚指輪をしています。

多分30代前半くらいかな?と思うのですが、レジに並んでいる時に播磨さんがいると、こちらも安心して注文することが出来るなーと思っていました。

 

同僚に「あのテキパキしてる男性が播磨さんって名前だって覚えちゃった」と言ったら

「私も!あまりに仕事出来るから、ついネームプレートを見て覚えたよ!」と言っていて、二人で同じことを思っていたことに笑いました。

昨今の個人情報の保護の観点から見ると、ネームプレートってどうなんだろう?と思わなくもないのですが、やはり名前が分かると親近感が湧きますね。

以降私達の間では「播磨さんがいないから、今日の会計は混乱したね」とか「播磨さんがいたのに、こんなに商品が遅いなんておかしい。播磨さんが倒れてたらどうしよう…」と、播磨さんの名前を出して会話するようになりました。

 

このお店には、多分社員とアルバイトが混在していて、播磨さんは社員なんだろうな、と思っていました。

そして、播磨さんの次くらいにテキパキと接客できる女性が1人いるな、と以前から思っていたのですが、先日その女性のネームプレートを見たら、彼女の名前も「播磨さん」だと気付きました!

同僚に「播磨さんの奥さんもここで働いてる人だったことに気付いたよ!さっき夫婦二人で接客してた!」と興奮気味に話したら

「女性の播磨さんがいたのには気付かなかった。ってことはこの店はフランチャイズだから、夫婦で経営してるのかな?」と言われ、それなら二人が他の人よりテキパキと仕事をするのも納得だね〜と話し合いました。二人共ちょっと妄想好きなもので…。

 

播磨さんは仮名ではありますが、そう多くはいない名字の方なので、偶然同じ店舗で同じ名字の異性が働くいているとは思えません。

私が通っている鍼灸院も夫婦プラススタッフで経営しているし、そういうお店はそれなりにあるはずですが、どうしてもスーパーやコンビニでの買い物に慣れている身としては、フランチャイズチェーン店を働き者夫婦が経営していることに気付く機会はありませんでした。

今までも「播磨さんみたいな旦那さんだったら、家のこととか協力的にテキパキと協力し合えそうだし、人柄も良さそうだから奥さんは幸せだろうなぁ」と思っていましたが、その奥さんも働き者で愛想が良いとは、かなり理想的!

なんだかドラマの設定みたいで、こんなことホントにあるんだな〜とホッコリしました。

 

もちろん、私も同僚も、播磨さん夫婦のことは接客をしてくれている時のことしか分かりません。

実はDV亭主だったり、家だと何もしない人かもしれない。

でも夫婦で協力し合って、お互いに効率よく仕事をスムーズに進めるよう考えて働いているなら、素敵だな〜。

昼時にはよく行列が出来てしまうお店なのですが、播磨さんがいるかいないかで、行列の長さが全く違います。

いつまでも列が進まないからおかしいな?と思うと播磨さんがいないし、そこに戻ってきた播磨さんが交代で入ると、一気に流れがスムーズになります。

 

あくまでも私の妄想なのですが、播磨さんは他人の気持ちを考えて、効率的に動くことが出来る人。

他のスタッフの手際が悪い時も、怒らずにスッとフォローをしていて、見ていてとても気持ちが良いです。

SNSで最近知人の家事育児の愚痴を見過ぎてウンザリしてしまっていたので、播磨さん夫婦には「やっぱり、お互い相乗効果で良くなる夫婦もいるんですね!」と改めて教えてもらえた気持ちです。

(ちなみに、もう知人の家事育児の愚痴ツイートは読み飛ばす、という技を身に着けました…)

 

以前友人が「結婚相手に求めるのは『尊敬できるところがある人』ってことだけ。できれば仕事の面で」と言っていたことがあり、それってハードル下げてるように言ってるけど、かなり難しい注文じゃないかなぁと思ったことがありました。

人それぞれ良いところと悪いところがあるものだけど、尊敬とまで思えるようになるまでには、かなり相手のことを深く知り、分かり合ってからでないと難しくないかな?

特に仕事だと、同じ職場でなければ実際の様子は分からないし。

となると肩書とか職種とかで判断ってことになるのか…そういえば彼女は合コンでも、相手の職種で「あの年齢であの肩書なら年収は…」とか言ってたっけ。

 

播磨さん夫婦は結婚してから店を始めたのか、職場恋愛で結婚したのか分かりませんが、客が「あの夫婦が接客してくれるなら安心だな」と思えるお店って、良いなぁ。

私は今、播磨さん夫婦を結構尊敬しているし、二人の存在を有り難く思っています。

お互いに切磋琢磨してああなったなら、更に素敵…!

播磨さん夫婦と注文内容以外の会話をすることは無いし、プライベートを知りたいとまでは思いませんが、そんな風に客から信頼される夫婦になれる二人は、とても素敵だなぁと思った、というお話でした。

東京のフランチャイズチェーン店でこんな風に思うことって、そう無い気がするのですが、どうでしょうね?

PR