復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

友達に本音を言って傷付けるのも、苦しい

「腹を割って話す」

というのは、本当に美徳なのかなぁ、と大人になるにつれ思い始めてきています。

昨日やっと友人に「ずっと我慢してた」と伝えたけれど、私が友人の立場なら

「気を遣ってずっと我慢してた」

なんて言われたら、もう今後何なら話して良いのか分からなくなります。

現時点では私も、生活圏のこと全てを政治批判に結び付けて考えてしまう友人に、どんな話題なら振っても良いのか分からなくなってきました。

 

同僚などに「アベノマスク届いた?と聞くことさえ、センシティブな話題と捉えられた…

左が嫌いなら右なのか、何でだ?

理由を聞いても価値観が違いすぎて、へぇ…としか言葉がない、と言われた」と言うと、皆さん一様に

「え、友達は何でそんな極端なことになっちゃったの⁉︎」

と半笑いで言われました。

そして、私と同じような体験をしたことがある、という人はいませんでした…

ネットで検索すると、チラホラ同じ 経験した人はいるようです。

解決策としては、「今後は政治の話をしない、とルール化し、それでもダメなら距離を置く」が多く挙げられてました。

 

ただ、経験は似ていても、その投稿をした方々と私では、またそれぞれ状況も違うのかもしれません。

私は「子供を産んで数年は、ホルモンの関係で極端な思考回路になる女性がいるらしい」とネットで読んでいたので、友人もそうなのかもしれない、と思って我慢してたけど、子供いなくても与党批判しまくる既婚女性は今まで何人か会ってるし…

 

昨日Twitterで「美術界隈には左が多く、『右寄りだと仕事なくなる、と言われた」なんてツイートも見かけました。

知人医師は「美術界隈やアーティスト系芸能人に左が多いのは、新しい価値観が好きだから」と言われましたが、友人的には

「別に今は左が新しいわけじゃないのに、間違ってる」

とのことです。

 

今の私の悩みにピタリとハマる解決策は、身近に聞いても同情はしてもらえても経験則に基づく話は聞けず、よって友人が私の発言でどの程度不快になったり、傷付いたかも、分かりません。

「子供がいない人には分からない」

を免罪符にしても言わずにいるだけ、かもしれない。

ま、それ面と向かって言われたら、友情は終わる可能性大ですが…

本当の本当は、ネットで見たこの本、読ませてみたいかな。

なぜリベラルは敗け続けるのか

なぜリベラルは敗け続けるのか

  • 作者:岡田 憲治
  • 発売日: 2019/05/24
  • メディア: 単行本
 

こちらとしては「皆んなが政治を話せる日本になるべき、だけど価値観合わない話を聞いても気分悪くなるだけだから止めて」と言う友人に、何て言うのが正解だったか分からないよぅ。

傷付けずに指摘する方法って、何?

腹を割って話した後にも、結局私はモヤモヤしています…

 

友人に「左の人らはマルチ商法と同じ思考回路をしているようにしか見えない」と言ったのは、言い過ぎだったのかなぁ。

政権批判の悪口は良くて、彼女らの価値観を否定するのは無し、と思われたかなぁ。

「多くの人が私と同意見のはず」なんて言いたくないけど、でも本当はそう思ってます。

右とか左とか偏りたく無い人が多いから、投票に行かない人が多いんだと思うんだけどなぁ。

 

こうなると政治とか価値観どうこうより、やはり「本音を言って傷付けたかもしれないことに、後悔」がすごいです。

あちらはあちらで、気を遣いながら話していたつもりだったそうですし。

こちらから見たら「気を遣ってあのレベルの暴言を、聞いてもいないのに吐き出したの?」なんだけどさ。

そこぶつけ合っても、お互い不愉快になるだけだったんじゃないかなぁ。

 

仕事でイライラすることがあり、更にこんなことでグジグジするなんて、ホント嫌。

帰宅したら嫁から政権批判きかされて、ウンザリしてる旦那さんっているのかな?

いたら、今とても酒を酌み交わしたい気持ちだよ…

こんな時に相談できるのがベストフレンドでは無い、むしろベストフレンドが悩みの種って、アラフォー独身一人暮らしには本当にヘビーです。

政治家の方には、民間人がこんな思いをしない世の中を作って欲しいなぁ。