復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ

今でも忘れられない、復縁した元彼。でも連絡は完全無視されていて辛い…そんなアラフォー女性が元気になれる方法を実体験を元にお伝えします!

「スケープゴート」になりイジメを受けたら、パワーストンか数珠を持とう

タイトルのように常に「スケープゴートを作る人」が部署にいて、つい最近まで長らく私がターゲットとなっていました。

が、最近になって別の人をターゲットにし始めた為、一気に私へのアタリが柔らかくなり、その単純さと下衆さに内心失笑しています。

私は誰にでもニコニコ穏やかに接することは出来ないけど、常に誰かをスケープゴートにしてイジメたい気持ちは理解できません。

だって、嫌いな人のことは、そもそも考えたくないし。

今度のターゲットは、多分育休明けのママさん。

 

と書くと「少子化なのに」とか「働く女性への支援を」とかジェンダー関連で怒る人が出てきそうですが、私としてもそのママさんには嫌な思いさせられたこと何度もあるため、フォローする気もそこまで起きず…

笑いながら「権利」を主張し、尻拭いをしてもらって当然、早退も休むのも当然の権利、というタイプ。

仕事のスケジュールを聞かれても

「旦那が仕事休めたら出勤できますが、旦那の都合を聞かないと分からないんですよね〜」

とか笑いながら言ってるのが聞こえてくると

「え、私らはあなたの旦那の下請けなんだっけ?」

となります…

そんな言い方、しなきゃ良いのに…

 

とは言え子育てが大変なのは想像出来ます。

なので「リモート勤務は、家で出来ることは家でやるためのもの」と認識されているようなのですが、件のイジメタイプは「リモート勤務は甘え」という昭和ぷり。

そんな背景もあり、リモート勤務の環境について突如大揉めが始まっていました。

私もその件に関してはママさんと同じ状況だったのですが、今のスケープゴートはママさんのため、私への追求は無し。

そして「今その論点で熱くなる必要性無くない?」ということでガンガン追求しまくっているのが聞こえてきていたけど、私はシレッとそのまま急ぎの仕事を進めました。

 

ママさんもかなり気の強いタイプなので

「それ、あなたが決めることじゃないですよね」

と火に油を注いだ後

「ちょっと今忙しいんで、その件はまた後にして下さい!」

と話を打ち切り、益々微妙な空気に…

まぁあれはもう「俺の言う通りにしろ!それが理不尽だと思うお前が間違ってる!」と、無意味な勝手なルールを押し付けたがる方にも問題あったなと私は思うのですが、私が間に入るとより揉めることにしかならなかったからなぁ。

 

翌日ママさんに

「昨日は大変でしたねー」

と一応声をかけたら

「何なんですかねーくだらない。

まぁ喧嘩売られても、私も気が弱い方じゃないんで」

と鼻で笑ってらっしゃり、その後も「権利の主張」をアレコレと言っていたので、こりゃまだまだ波乱が起こるんだろーなーという予感しかありません。

私はどちらにも納得いかない点があるけど、関わるメリットも義理も無し。

むしろ、こちらも君らに過去にやられたこと、全部覚えてるからな!

 

SNSを見ていると「〜すべき」「普通〜する」と自分や他者の権利や平等を主張するコメントをよく見かけますが、現実社会はゲームとは違います。

なんか政府が急に冬休み延長とか提言し始めたけど、世の中そんなフレキシブルに出来てないのよ…

「弱者への思い遣り」というのは、とても大事なことだと思います。

最近の問題は、その「弱者」の定義が曖昧なことですね。

コロナ禍では老人と子持ちと持病持ちが優先されますが、例えば私のように「肺炎と自然気胸の経験のあり、アレルギー性の喘息持ち」というのはほぼ弱者にカウントされません。

でも、スケープゴートにされて健康認定して無理を押し付けられるのも困る…

ので、もしコロナなりインフルになって高熱出したら、パフォーマンスレベルで盛大にぶっ倒れる心の準備はしています…

 

しかし「スケープゴートを作らないと、精神安定が出来ない」という人は、一体全体どうしてそんな精神状態になっちゃうんでしょうか?

鶏とか魚とか動物でもイジメはあるから、原始的な感情なのかな?

最近の私は淡々と、イライラしたら安定剤を飲み、自尊心を失いそうなら英語の勉強をして過ごしています。

推しを心の支えに、とにかく怒りに触れない生活をしたい。

だってイライラしたら、それをまた非難されてより不快な思いをするから…

根が意地悪なネガティブなタイプだから、そこを増幅させないことで精一杯。

またスケープゴートになる日が来たら…嫌だなぁ。

そんな状況のままコロナで仕事が不安定になり、命を絶つ人もいるのかもしれませんね。

 

私は「スケープゴートを作らないとダメな人」の気持ちは分からないけど、そうしないと自尊心がボロボロになるんだろうなぁ、という想像はつきます。

そして、そんな自分を恥じることなく

「自分は正しい、周囲は馬鹿」

と思いたいんだろうなぁ。

ま、そう思いたくなる時はありますけどね。

「相手が悪いんだから、イジメじゃなく必要悪」と面と向かって開き直られたことも、若かりし頃ありました。

いまだに「自分を必要悪と言うなんて、ダサい男」と思ったのを忘れられません。

私はこういうことの記憶力が大変良いのですよ…

まだコロナ禍終わってないし、マスコミやSNSは煽りまくるし、皆んな疲弊したままなのかもしれないけど…

自身のストレス発散ではなく、コスパを上げるために良い方法を探る方向で考えて実行していけたら良いのに。

と思っても、実際には人それぞれ生活も性格も能力も違うから、ホント、ゲームみたいにキチキチと理想通りには行かないけど。

 

Twitterの仕様が変わり、脊髄反射でRT出来なくなったのは、こういうイライラを世界にばら撒く無自覚な悪意を減らすためなのかな、と思っています。

やたら不倫や失言を叩いたり、陰謀論で騒いだり、不平不満で共感を得る、というかアクセス数アップ狙う人も増えたなぁ。

私はどうも、その流れと「リアル」がイマイチ結びついていない気がします。

本当の問題は、今もまだ多くの人のブログに書き綴られていて、でもSEOの変動でnoteとかが検索上位になってる?

でもその中には私の欲しい答え、無いんだけどな。

 

今私がホントに欲しいのは「自身がスケープゴートにならず、でもターゲットにされた人が揉めてるのを見聞きしたくもなく、逃げの姿勢でスルーするのも倫理観的には心苦しい」という、小中学校でも起こっていそうな人間関係へのストレスをどこまで考えていくのが、自分にとってベストな選択か見つける方法です。

とりあえず、ストレスで肩凝りがヤバくなったので、以前熊野大社で買った八咫烏の数珠を着けて過ごしたら、何故か肩凝りは直りました。

こういうガラスに八咫烏がプリントされてるやつです。

数珠とかパワーストン身につけてると

「こいつメンタル、やばい?」

と周囲が責めてこなくなるんですよねー。

パワーストンだらけの人、私怖くて近寄りませんもん。

そういう「逃げ方」という選択もあるんじゃ無い?というのが、私の最近の自社調べ結果です。

ストレスフルな方はご参考までに!